マイベストプロ徳島

コラム

身体の使い方

2022年1月15日

テーマ:身体の不思議

コラムカテゴリ:スクール・習い事

コラムキーワード: 正しい歩き方キッズコーチングヘルニア 予防

カート腹筋

ううううーん、腰をそっているよね、 身体丸めれないかも・・・・ 信じられないけど意外とおおい。

 特に、小学生でも、バリバリのバスケの選手、とか少年野球で活躍していますであったり、サッカー無茶苦茶うまいという子でも、そう、パフォーマンスとはあまり関係がないのですが、実は身体を丸めるときって、腹筋とか、背筋とかがすごい働かなくてはいけないわけでなく、(2歳ぐらいになったらでんぐり返ししますよね)身体の動かし方なのです。

 でも、小さい時に運動経験あまりなく、幼稚園からサッカーしている、野球している、バスケットしている、っていうお子様たちは、身体を支えるために、外側に筋肉を強くしていることが多いようです。

 今回この画像を使ったのは、この姿勢で バスケのコートを一往復してもらったのですが、「おなかむっちゃしんどい」という子、また、太ももがしんどい、腰がしんどい 子どもによってさまざまな反応

 その中で、バリバリ運動部の子は、腰がしんどいでした。

 この手の選手は、腰痛になりやすくなります。 動きの経験の多い子は、自然に力の抜けているところ、入れているところができるのですが、運動経験がないと、なかなか自然にはできないので、動き方を教えていく事になります。

 でも、そこは子ども達、簡単な動きから始めていくと、うまく動かすことができるようになります。

 今回のこの、カート上の腰痛い症候群の子ども達は。来週からマット運動での前回り、後ろ回り、鉄棒での足ぬきまわりなのどが、課題になってきます。

 各種目、うまくなりたいなら、身体の機能を全部動かすこと、みなさん、やっていますか?

 

 

この記事を書いたプロ

芝原佳子

身体機能と可能性を最大限引き出し、子どもの未来を輝かせるプロ

芝原佳子(夢現)

Share

関連するコラム

芝原佳子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-8699-1369

 

不在時は折り返しますのでメッセージを残して下さい。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

芝原佳子

夢現

担当芝原佳子(しばはらよしこ)

地図・アクセス

芝原佳子プロのコンテンツ