マイベストプロ徳島

コラム

腰椎分離

2021年9月14日

テーマ:子どもの身体

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

コラムキーワード: 腰痛 対処腰痛 改善

腰椎分離症


脊椎の一部である腰椎(脊椎の下から5つの椎骨で構成される部分)の中で一番下にある第5腰椎に好発する、疲労骨折の一種。椎骨は、前方の円柱状部分を椎体、その後ろから出ているアーチ状の部分を椎弓という。椎弓の斜め後方部分は細く衝撃に弱いため、スポーツなどで激しい運動を繰り返していると疲労骨折を起こして亀裂が入ることがあり、それが進行すると椎体と椎弓が分離してしまう。これが腰椎分離症だ。第5腰椎に起こりやすいのは、この部分での脊椎の傾斜が大きく、負担がかかりやすいため。椎弓の左右両側が分離した場合は、腰椎が前にずれる腰椎分離すべり症に進行していくケースもある。(Doctors File)より抜粋
腰痛


姿勢づくりから予防へ


 子ども達の姿勢を見て何か気づきませんか? 猫背、

 ずっと警鐘は鳴らし続けてきましたが、携帯電話や、社会情勢、外遊びの減少、そしてコロナ
子ども達の活動量は極端に減ってきています。
 そして、競技スポーツへの参加の低年齢化。ほとんど身体を動かしたことのないような子どもたちが、大人の要求する動きをしようとする。

 面白いから何度も何度も練習をする。例えば、股関節をほぼほぼ動かしていないのにサッカーをすればどうなるでしょうか?

 股関節が痛くなったり、膝が痛くなったり、場合によっては足首に痛みが出るかもしれません。

 股関節あたりの硬さが、身体のねじりに影響をあたえ、腰椎に負担をかける場合もありますし、猫背が胸腰関節の稼働を妨げ、腰椎に負担をかける場合だってあります.

 難しい言葉を並べましたが、子ども達は競技スポーツに入る前に、いろんな動きをすることが、けが予防につながるのです。

 裸足で砂地を走ってみる 木に登ってみる そんな環境を整えることができれば子ども達のけが予防につながってくることでしょう。

この記事を書いたプロ

芝原佳子

身体機能と可能性を最大限引き出し、子どもの未来を輝かせるプロ

芝原佳子(夢現)

Share

関連するコラム

芝原佳子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-8699-1369

 

不在時は折り返しますのでメッセージを残して下さい。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

芝原佳子

夢現

担当芝原佳子(しばはらよしこ)

地図・アクセス

芝原佳子プロのコンテンツ