マイベストプロ徳島

コラム

動かない身体

2021年7月5日

テーマ:子どもの身体

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

コラムキーワード: 姿勢改善 ストレッチ

バランスボールで

姿勢の問題を甘く見ないで

何かが変わってきていることを、当たり前でないということをわからなければなりません。

骨盤の前後傾ができない小学生は、腰を落としたまま走るということで、足の後ろの筋肉群やお尻の筋肉が上手に使えないので、太ももの筋肉を使いすぎ、膝が痛くなっています。

お尻の筋肉を上手に使えないので、股関節周りの筋肉のバランスが悪くなり、腰が痛くなったり、股関節が痛くなったり、膝の調子が悪くなったりします。

肩甲骨周りが十分に動かないので、猫背気味になり、偏頭痛を起こします。

うちは、サッカーをやっているから、野球をやっているから、種目に偏った運動しかしていない子ども達、試合に出れなくなるのが嫌で、痛いのを我慢していませんか?

姿勢が変わると、プレイだって変わります。なぜ、股関節が動かなければならないか、なぜ腰が落ちているとプレイできないか、夢現では、そんななぜをお伝えし続けています。

この記事を書いたプロ

芝原佳子

身体機能と可能性を最大限引き出し、子どもの未来を輝かせるプロ

芝原佳子(夢現)

Share

関連するコラム

芝原佳子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-8699-1369

 

不在時は折り返しますのでメッセージを残して下さい。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

芝原佳子

夢現

担当芝原佳子(しばはらよしこ)

地図・アクセス

芝原佳子プロのコンテンツ