マイベストプロ徳島

コラム

結果が見えないと

2021年6月8日

テーマ:ペップトーク

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

コラムキーワード: 子育て悩み相談



会話のすれ違い、 よくある話ですが、昭和の時代って、監督とかコーチに叱られたら、私たちが悪いと思っているので、「すいません」「すいません」って何度も誤りに言った経験がありませんか?
きっと「あるある」って 共感していただける方多いのではないでしょうか?

私自身、日本体育大学って、本当に上下関係の厳しい所に在籍していたので、理不尽な対応も当たり前のように受けてきたのですが、現代は違います。

なぜ叱られるのか、何が悪いのか、それを説明しないと、子ども達の中にはなにか、「もやっと」君が残ってしまいます。 最初は、「いや、こういうことが言いたくて」とか 反論するのですが、言葉が足りなかったり、一回で分かってもらえなかったり、自分も都合悪かったりすると 「もういいや」って 考える子ども達がたくさんいます

そして、新たな事に挑戦させたり、スポーツの大きな大会の前などには、勇気がいっぱい必要です。 その時に「ひとこと否定」いえ否定でなくても。「やりたくないならやめればいい」とか 「自分のおもいどおりにしたら」ってことになると 見捨てられた、とか どうせ私なんかとか 先生に言われたからとか 言い訳をたくさん考えて、一歩を踏み出しにくくなります

どんな困難にも立ち向かえる心を作るには、「そうか、そうやって考えていたんやね、不安はわかる、でもここで一歩踏み出せば、自分を成長させれる」など まず、不安な気持ち をうけとってあげないと、子ども達いわく いっぱいっぱい になってしまうわけです 

このいっぱいいっぱい、まずくみ取ってあげるということをすると、言い訳、逃げるということをしなくてもよくなってきます。

そんな甘いこと行ってたら、ってお考えの皆様も、ペップトークの紐をといていただければわかります。

自己肯定感を高めるには自分の人生の事を考えて、自己責任を取っていけることです。子ども達の夢を育てる。それは周りからの 応援のことばがけではないでしょうか

この記事を書いたプロ

芝原佳子

身体機能と可能性を最大限引き出し、子どもの未来を輝かせるプロ

芝原佳子(夢現)

Share

関連するコラム

芝原佳子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-8699-1369

 

不在時は折り返しますのでメッセージを残して下さい。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

芝原佳子

夢現

担当芝原佳子(しばはらよしこ)

地図・アクセス

芝原佳子プロのコンテンツ