マイベストプロ徳島

コラム

運動指導

2021年4月5日

テーマ:子どもの身体

コラムカテゴリ:スクール・習い事



プレゴールデンエイジの時代、そしてゴールデンエイジでは、一つの運動ではなく多種目をやらせた方がいい。こんな当たり前のことがなかなか浸透しないのはどうしてだろう。

サッカーのクラブチームなどでは、サッカーの前に鬼ごっこや、しっかりした考えを持ったところでは器械体操、エアロビクス 色々と工夫をして取り組んでいるのだが、まだまだ少年団のなかにはその競技のみをやるといったところも少なくない。

いつが昔かわからないが、学校終われば外で一日中遊んでいるような子ども達はもういないのである。子ども達の身体が変わってきているうえに、同じ動きばかりの競技に入れてしまうと、不具合が起こって当たり前ではないのだろうか。

当然、小さいころから感覚を入れたほうが良い競技は必ずあるだろう、しかしそれは、ほかの競技を入れないという選択肢にはならないのである。

子ども達の成長はめまぐるしく、適度な刺激を入れると必ず反応として帰ってくる。だからこそ適度な刺激なのである。そして、いろんな各種動きなのである。

私たち夢現では、現代の子ども達に運動の基礎を教えながら、え・・・これができないのかと驚くこともよくある。そして、その驚きは傷害や、障害につながることも少なくない。

保護者の方も 個々の競技クラブはそういうことを考慮しているのかということをしっかりと見てからクラブに入ってほしいものである

この記事を書いたプロ

芝原佳子

身体機能と可能性を最大限引き出し、子どもの未来を輝かせるプロ

芝原佳子(夢現)

Share

関連するコラム

芝原佳子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-8699-1369

 

不在時は折り返しますのでメッセージを残して下さい。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

芝原佳子

夢現

担当芝原佳子(しばはらよしこ)

地図・アクセス

芝原佳子プロのコンテンツ