マイベストプロ徳島
濱口琢也

姿勢矯正のプロ

濱口琢也(はまぐちたくや)

金ちょう整骨院

お電話での
お問い合わせ
0885-38-6655

コラム

ぎっくり腰の再発予防に「骨盤矯正」は効果があるのか?

2018年7月16日

テーマ:骨盤矯正


ぎっくり腰は「腰椎捻挫」や「急性腰痛」などと呼ばれています。ちょっとした動作がきっかけで腰に負担がかかり、腰周辺の筋肉が炎症を起こして発症します。動けないぐらいの激しい痛みが数日続くことが
普段から正しい姿勢がとれていない人は、骨盤や背骨が歪んだ悪い姿勢となっており、腰に負担がかかりやすく腰痛を発症しやすくなっています。このような人たちは、骨盤矯正や姿勢矯正といった施術を受けると腰痛の症状が緩和され、再発のリスクを減らすことができます。

ぎっくり腰とは?発症する原因は?

ぎっくり腰は、日常生活で腰に常に負担をかけ続けていると発症しやすい腰痛の1つです。

例えば仕事がデスクワーク中心の人は、全身を動かすことが少なく、座ったまま長時間仕事をしているので、次第に姿勢が悪くなり、背骨がだんだんゆがんできます。
長時間、腰に負担をかける姿勢でいることが多く、特に骨盤が後傾しやすくなっている人はぎっくり腰を起こしやすくなります。

原因は、歪んだ背骨を支えようとして、筋肉が常に緊張状態にあるためです。このような状態のままで、重いものを持ち上げたときや、無理な体勢をとったとき、くしゃみをしたときなど、ちょっとした動作をするために瞬間的に腰に負荷をかけると、筋肉の繊維が一気に縮み、その強さで傷ついて炎症を起こすのがぎっくり腰なのです。
ぎっくり腰は「腰椎捻挫」や「急性腰痛」ともよばれています。

ぎっくり腰の根本原因

腰痛を抱えている人の中には、痛み止めを飲んだり、湿布を貼ったりとその場しのぎの対処で済まされている方も多くいます。このような状態で何も対策をとらないまま生活していると疲れがたまった時などにぎっくり腰を再発しやすくなります。

実は症状が軽くなった状態は、腰痛が「治った」ということではありません。痛みを感じなくても、筋肉には収縮が残り緊張した状態は続いており、これを改善しないと何度でも症状が逆戻りしてしまうのです。

筋肉が緊張している原因は体の歪みなので、腰痛を改善するには、根本的な原因である「体の歪み」を矯正して元の正しい姿勢に戻すことが必要なのです。

ぎっくり腰や腰痛の原因と骨盤の関係

ぎっくり腰や慢性的な腰痛を繰り返すのは、運動不足や加齢による筋力低下と、悪い姿勢が習慣化して、背骨や骨盤が歪み、腰周辺の筋肉に負担をかけていることが原因だと考えられています。

悪い姿勢とは、猫背のように背中が丸くなった姿勢のことですが、この姿勢は単に背骨だけが歪んでしまっているだけではありません。歪み過ぎた背骨を支えるために骨盤も前に傾いてしまっていることがあります。

腰が曲がってしまった人たちや、後ろから見て両肩の位置が水平でなく、どちらかが上がっている人など、背骨の歪みは私たちの目から見てもわかりやすいのですが、骨盤のずれはわかりにいくいものです。正しい位置にあるかどうかは自分では判断しにくく、気づかないうちに歪んでいることがよくあります。

背中が極端に曲がっている人、歪んでいる人は、背骨だけでなく骨盤の位置もすでにずれているかもしれません。骨盤が歪むと、血流が悪くなり冷え性やむくみが出ることがあります。

肩こりや腰痛が慢性化しやすく、内臓に負担もかかるので便秘にもなりやすく、ホルモンバランスも乱れて生理不順や重い生理痛、不妊症などに悩まされることも多くなります。
また背骨も歪んでしまうので、背骨の中を通っている自律神経のバランスが悪くなり、気持ちが不安定になります。

姿勢を正しく元に戻そうと思ったら、背筋を真っすぐに伸ばすことも大切ですが、骨盤が前に傾いていないかどうか整骨院でチェックをしてもらいましょう。

整骨院で行われるぎっくり腰の施術

ぎっくり腰の症状は一度の施術で治すことはできませんが、継続して施術を受けることで少しずつ痛みをやわらげ以前の生活を取り戻すことができます。

ぎっくり腰は、痛めた当初は炎症が起こっている状態なので、これ以上炎症の範囲を広げないためにも、アイシングするのが有効な対処法になります。
炎症症状が強い時期に患部を刺激しすぎると炎症が広がり痛みが増すリスクがあるため、まずは腰に負担をかけている筋肉を確認したうえで大腿部や殿筋などをゆるめていきます。

お尻や脚までしびれや痛みを感じること場合は、身体の中で最も長い神経である坐骨神経が傷んでいる状態であり、「坐骨神経痛」と呼ばれます。坐骨神経は大きな大腿四頭筋、大腿二頭筋、に囲まれており、神経が圧迫されることで痛みが出てきます。坐骨神経痛を伴っている場合はお尻周辺も施術し、圧迫している筋肉を緩ませていきます。

整骨院ではこのように、筋肉や骨盤の動きを確認しながら痛みを取り除いていく施術が受けられますが、施術内容は整骨院によっても異なります。

腰痛を根本的に改善するなら骨盤矯正

もし根本的に腰痛を直したいと思うなら、定期的に骨盤矯正を受けて、良い姿勢を習慣化させることをおすすめします。

骨盤が歪んでいないか、背骨が正しく湾曲しているかといったチェックは、整骨院などで受けることができます。

整骨院は国家資格をもった専門家です。
姿勢矯正の施術をする前に、患者の体のバランスや関節の可動域を調べて、背骨や骨盤の状態をチェックします。体の歪みや筋肉の張り具合を確認し、骨の矯正をする場所や、施術で和らげる筋肉を詳しく調べたうえで施術を行うので安心です。

骨盤矯正の治療は、痛みはほとんどありません。治療が終了すれば、矯正された状態を確認して終了します。

骨盤矯正と併せて、日常生活においては、意識して正しい姿勢をキープし、適度な運動を行うことにより、より安定した状態を持続できます。

骨盤矯正を定期的に受けて体をメンテナンスすることにより、正しい姿勢になり腰痛予防へとつながります。

この記事を書いたプロ

濱口琢也

姿勢矯正のプロ

濱口琢也(金ちょう整骨院)

Share
関連するコラム

濱口琢也プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0885-38-6655

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

濱口琢也

金ちょう整骨院

担当濱口琢也(はまぐちたくや)

地図・アクセス

濱口琢也プロのコンテンツ