マイベストプロ徳島
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ徳島
  3. 徳島のメンタル・カウンセリング
  4. 徳島のキャリアカウンセリング
  5. 倭和代
  6. コラム一覧
  7. 都内の大学生向けに<人生の3大資金>の講義をしたら、「子どもは産まないと決めました」と言うのですが…

コラム

都内の大学生向けに<人生の3大資金>の講義をしたら、「子どもは産まないと決めました」と言うのですが…

2021年6月8日 公開 / 2021年6月9日更新

テーマ:お金の話

コラムカテゴリ:くらし

コラムキーワード: ファイナンシャルプランナー 相談資産管理子育て悩み相談

「キャリアと心とお金の専門家」、
ファイナンシャル・プランナーの⦅やまと⦆です。

先日、都内の大学生向けにライフプランの講義をしました。コロナ禍という事もあり、「オンデマンド配信」という形での開催で、地方の講師にとっては貴重な経験ができました。

◪ 一生涯に稼ぐお金ってどれくらいでしょう?


1

人生の3大資金の説明の前に、一生涯で得られる収入について考えてみましょう。

総務省の「家計調査報告書」2018年平均速報から試算した
「一生涯に稼ぐお金」は、約2億8,000万円、
「将来使うお金」は、約2億2,000万円です。
・・・億単位のお金が、入ったり出ていったりするのですね・・・
(出所)日本FP協会テキスト『10代から学ぶパーソナルファイナンス』より

その「将来使うお金」のなかで最も大きな支出となる3つの資金を
「人生における3大資金」といいます。

◪ 人生の3大資金を知っていますか?

人生の3大資金とは、次の3つをいいます。
・教育資金
・住宅資金
・老後資金

学生は、「そんなに教育資金が必要なら、子どもは産めない、産まなきゃいいんだ」
との意見がありました。
私は、産むか産まないか、白か黒かのような判断は好ましいとは思わないので残念に感じましたが、その発言には理解できる部分もありました。

2


人生が100年時代を迎え、
「人生設計をしましょう」とか、「自己責任の時代ですよ」とか聞きますよね。

人生が長くなれば、当たり前ですが全ての資金が多く必要になります。

例えば、
リカレント教育ということも考えると、
自分の学び直しの為の「教育資金」も確保する必要があります。

「住宅資金」においては、長く住み続けることでリフォームや改修の必要性もでてきます。
もちろん寿命が延びることで「老後資金」は多く必要です。

お金の勉強は、考えるだけで頭が痛くなることかもしれません。

◪ だからこそ、ライフシミュレーションが必要なのです!

「FP(ファイナンシャル・プランナー)は、何をする人ですか?」
と聞かれることがあります。

FPは、お金の専門家!
家計に関する様々な不安やお悩みにお答えします。
と答えるのですが、

基本的には、「ライフプラン表の作成」と「キャッシュフロー表の作成」をします。
(していないFPもいますが・・・)

将来のお金の収支と資金の流れをグラフ化することで
・このままで大丈夫(黒字)
・このままでは危険(赤字)
をあらかじめ察知する(見ること)ができるのです。

3


シミュレーションは、企業経営のようでもあり
まるで「人生ゲーム」のようにも思えます。
自分の人生設計図を、一度お金の面からのぞいてみませんか?

********************
◆心のケアとキャリアアップを後押し◆
 ~お問い合わせはこちらから~
株式会社Qua(きゃりあLab徳島)
カウンセリングPrimo
********************

この記事を書いたプロ

倭和代

女性のキャリアアップを支えるプロ

倭和代(株式会社Qua)

Share

関連するコラム