マイベストプロ徳島

コラム

ズバリ!「こころ♡」に効くサプリメントは、毎日やっているアレ!

2021年6月7日 公開 / 2021年6月8日更新

テーマ:こころ・メンタル

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

コラムキーワード: メンタルヘルス 対策マインドフルネス免疫力アップ

「キャリアと心とお金の専門家」
産業カウンセラーの《やまと》です。

前回に続いて「こころ」について考えてみました。

「こころが疲れた時にやってはいけないこと?」
は、こちらです。

◪ 「こころ」の処方箋

前回のコラムで、
「こころ」はどこにありますか?を書きました。
皆さんの「こころ」は、どこにあると思いますか?

こころに直接の手当は出来ないけれど、
もし、こころの有りかが「脳」であるとするならば、
処方箋が見つかるかもしれません。

◪ 「脳」に効くサプリメント?


サプリ

人間の脳は、身体の全ての機能を司っています。
そう、司令塔の役割がありますよね。
その脳を上手く機能させるためには、とても大切な2つのモノが必要だそうです。

それは、「栄養」と「休養」です。
どんなに精巧な頭脳があったとしても、
この2つが無ければうまく働かないそうです。
私は、「メンタルヘルス」の講義の時には、
車を例にしてこの重要性を説明しています。

◪ 大切なのは、コレ2つ!

目の前に、とても性能の良い高級車があったとします。

大切に扱うために、洗車をして磨いたり、メンテナンス(法定点検など)をしたりして
調子を整えると思います。

しかし、そもそも車は、給油(栄養補給)をしないと走ってくれません。
また、給油をすれば走り続けられるのかというとそうではありません。

給油をしたからといってアクセルを踏みっぱなしにすると・・・?
やがて車はガス欠、オーバーヒートをする可能性もあります。

車

ようするに、車にとって基本的な必要なサプリメント(処方箋)は、給油と休息なのです。
もし、人の脳にも同じことが当てはまるとすれば、

どんなに強靭な肉体があったとしても、
どんなに強いこころがあったとしても、
「栄養」と「休養」を取らなければ
脳がうまく働かなくなり、やがて調子を崩れてしまいます。

◪ 頭の中をみてみたいです・・・

ところで、皆さんの「記憶」はどのように整理されていますか?

以前、ある方(これからはAさん呼びます)と「情報の整理」について話を聴く機会がありました。
Aさんは、とても頭の回転が速く考え方もユニークでした。

残念ながら、どのようにユニークであったかは忘れてしまいましたが、
ある話の部分が印象に残っていますので紹介したいと思います。

その話というのは、
「人の記憶領域・記憶の方法について」話していた内容です。

(脳内での)情報の整理について、私は、
「起きている間に色々な情報を受け取りますよね?
人は眠っている間に、この情報はここへ、あそこへ、
新しい情報として保管、あまり使わない情報として保管・・・
というように振り分けていると思うんですよ。

私のイメージは、整理ダンスみたいな感じです。
頭の中に引き出しがあって・・・」
と説明しました。

するとAさんは、

「私の脳内は、池や湖やプールのような中に情報が沈んでいて、
(結構、ごちゃ混ぜ)コレは、アレは?と考えると、
水の中から浮き上がってきます」
と答えたのです。

情報の整理の仕方って、人それぞれなのだと驚きました。

水

◪ 記憶のアナログタイプとAIタイプ

整理ダンスタイプの私は、少しアナログな記憶術で、
情報が浮き上がってくるよう指令をだすのは、AI的だと思ったものです。

ここで考えてみましょう。

もし、「栄養」と「休養」が取れていないとしたら、
私の場合は、脳内はゴミ屋敷化していくことでしょう。

記憶はあるのですが、どこにしまい込んだかが分からない。
もしくは、引き出しを開けに行く元気がでない。

Aさんの場合は、水が澱んでいて情報がごちゃごちゃになって見えなくなっている。
もしくは、AI装置が故障してしまった!という状態でしょうか。

このように、脳を上手く働かす為には「栄養」と「休養」が重要で、
情報の内容や情報をどのように整理しているか
(本人の気質や性格)は関係ないと思うのです。

◪ 有効なサプリメントは「栄養」と「休養」

もし、心の有りかが「脳」であるとするならば、
脳をいつまでも大切に使っていきましょう。

脳に必要な要素は「栄養」と「休養」です。
しっかり食べて、しっかり休養をとりましょう。
規則正しい生活、これは「こころ♡」にも効くようです。

こころまとめ 草

********************
◆心のケアとキャリアアップを後押し◆
 ~お問い合わせはこちらから~
株式会社Qua(きゃりあLab徳島)
カウンセリングPrimo
********************

この記事を書いたプロ

倭和代

女性のキャリアアップを支えるプロ

倭和代(株式会社Qua)

Share

関連するコラム