マイベストプロ徳島

コラム

20代のキャリアアップ!「令和時代のキーワード」?

2019年2月15日 公開 / 2021年6月8日更新

テーマ:キャリア

コラムカテゴリ:くらし

コラムキーワード: 目標設定 コツビジネスモデル人材育成 研修

「キャリアと心とお金の専門家」
キャリア・コンサルタントの《やまと》です。

きょうは、「20代のキャリアについて」考えてみました。

◪ 20代のキャリアを考える

楽しく働き、経済的・社会的に安定した生活を送りたい!
と思う人は多いはず。
では、20代では、どんな風にキャリアを築いていけば良いのでしょうか。

キャリア

◪ 人生の長さとそれぞれのゴール

厚生労働省「令和元年簡易生命表の概況、結果の概要、表1」によると
0歳の平均余命は、男性が81.41歳、女性が87.45歳です。
令和元年簡易生命表の概況1.主な年齢の平均余命
この年数(数値)を用いて、平均寿命と説明されています。

90歳での平均余命は、男性は4.41歳、女性が5.71歳となっていて、
今90歳の人は、94歳~96歳まで余命があるということになります。

いわゆる「人生100年時代」がやってきているわけです。
仮に、60歳でリタイヤしたとして、
100歳までの40年間は、いままで過ごしてきた仕事人生と
同じくらいの年数がある!
ということですよね。

ますますキャリア(仕事や人生設計)を意識しなくちゃいけませんよね。

◪ あぁ、昔は良かった・・・?

寿命が短かった時代、リタイヤ後の生活が約束されていた時代もありました。
日本の雇用システムには、終身雇用や年功序列制などの特徴がありました。

終身雇用の時代には、身につけるスキルや経験は、
あらかじめ企業組織が用意し与えるものでした。
決められたレールに乗っていれば、
経済的にも精神的にも、安定した生活を送ることができたとも言えます。
仕事人生=自分の人生、を意味していたかもしれません。

そのような状況では、就職することが一つのゴールとなります。
まじめに仕事をしてさえいれば、給与も役職も自然に上がっていったのです。
(賛否はあるかと思いますが、ざっくり表現するとこのような感じだと思います)

◪ 令和時代のキャリアアップの方法は?

では、今の時代、20代ではどんな「キャリア」を身につければ良いのでしょうか?


AB

A:既に目標がある人
B:まだ目標が決まっていない人

20代、それは、「キャリアを開く時期」でもあります。
まずは、
①経済的に自立する
②社会で通用するスキルを身につけましょう
(基本的な部分です。)
・規則正しい生活スタイル
・ビジネスマナー
・会話術(傾聴・説明力・ホウレンソウ)などです
仕事に慣れ、20代も後半になれば、スキル全般に磨きをかけ成果を積み上げていきましょう。
目指す仕事、なりたい姿が見つからない人は、現在の職場の中でできることを増やすということも重要です。

キャリアを磨く!
スキルアップ!

というと、「資格取得」をイメージする方がいらっしゃいます。
自己啓発は非常に大切です。
しかし、資格取得を目標にするだけではなく、いかに自分の「できる事を増やす」のかを考えていきましょう。

その中で、
A:既に目標がある人は、
それに向かって進んでください。

B:まだ「やりたい仕事」や「なりたい職業」が見つからない人は、

今、まずは目の前の仕事を習得しましょう。その仕事に対するスキルを身につけるため、
今「何をすべきか」「何ができるか」を考えることが大切です。

◪ 遠回りはしたくありません!


1

「遠回りはしたくないんです」
その気持ち、わかります。
「遠回りは、いけませんか?」

近道すれば、早くスペシャリストなれます。深い経験や知識を得ることが可能です。
一方、遠回りすれば、その間の経験や知識は自分の財産となります。
自分の捉え方によって、幅広いスキルとして自分を支えてくれるアイテムになります。

20代のキャリア形成のキーワードは、
「手当たり次第に、つかめ」だと思います。
まずは様々なことを経験し、「知っている」から「できる」を増やし、まだ見ぬ将来に備えましょう。

道


キャリア相談(株式会社Qua)

********************
◆心のケアとキャリアアップを後押し◆
 ~お問い合わせはこちらから~
株式会社Qua(きゃりあLab徳島)
カウンセリングPrimo
********************

この記事を書いたプロ

倭和代

女性のキャリアアップを支えるプロ

倭和代(株式会社Qua)

Share

関連するコラム