まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ徳島
寺野裕子

中立的な立場から人生設計を支援するプロ

寺野裕子(てらのひろこ)

てらの・ファイナンシャルプランニングオフィス

お電話での
お問い合わせ
088-677-8078

コラム

収入が増えた時の行動の仕方について

本日のニュースより

2015年3月25日

今日の日経新聞朝刊3面を見ていますと「3大銀、ベア前年超え」の記事に関連して「地銀も追随する公算が大きい」と伝えています。
この記事の中では、さらに地銀がベア(賃金アップ)に動くと、地元の中堅・中小企業も賃上げに動きやすくなり、地方の個人消費の回復を後押ししそうということも言っています。


最近、新聞・ニュース等で賃金アップのニュースが続いていますが、徳島に住む“てらの”としては、徳島にも賃金アップが波及してくるか?ということに注目していますので、良いニュースとして捉えたいと思います。


今回の賃金アップの流れを受けて徳島同様、地方に住む皆さんの中でも、毎月のお給料がアップしそうだ、ボーナスがアップしそうだという方いらっしゃるかと思います。
良いニュースが流れる中、水を差す訳ではありませんが、こんな時だからこそ良い機会と捉え、お金の使い方について改めて考えていただきたいと思います。


お金の面から生涯生活設計を作成するたのに必要な要素は「支出」「収入」「金融資産」となるのですが、今回の賃金アップのニュースは「収入アップ」をもたらしますので明らかに生涯生活設計作成にはプラス要因となります。
ただ本当にこの収入アップをプラス要因とさせられるかどうかは、皆さんのお金の使い方次第だと言っていいでしょう。


例えば、現在、定年退職を迎えられている方は右肩上がりの景気上昇を経験された方がほとんどですが、
今、順番に定年退職を迎えられている先輩(注:“てらの”にとっては先輩なので)の相談を受けていて感じることがあります。
それは以外と定年退職時に余裕を持って貯められいる方が少ないということです。
このようなお客様に、どうしてお金を残すことを考えなかったのか?とお聞きしますと
「収入も年齢に応じて増えていくからどうにかなる、退職金も年金もあるから漠然と、どうにかなると考えていた」というのが大方のお答えです。
そういった今現在、定年退職を迎えられている方は口を揃えて
「もっと、早くファイナンシャルプランニングの考え方を知って計画的にお金を使うべきだった」と言われます。
とは言っても退職後に生活設計の重要性に気づかれても決して手遅れという訳ではないんですよ。
「支出対策」「収入アップ対策」「金融資産運用対策」を駆使することで、今後のお金の流れを改善方向に持って行くことは出来るものです。


ただ、ファイナンシャルプランニングを早く始めれば始めるほど、今、やりたいことをやりながら、将来ゆとり生活をしていくだけの金融資産確保が楽に達成できる可能性が高くなることも事実と言い切って良いかと思います。


今回、収入が上がりそうだという方は、せっかくのチャンスですので、ゆとり生涯生活設計作成に活かしていただきたいと思います。


要するに、お給料が上がっても使いすぎないようにということです。
こんなこと言うと、“てらの”は景気が良くなることを邪魔する気なのか!!とお叱りを受けそうですね。
でも“てらの”は相談者やお客様のゆとり生涯生活設計を達成していただくことだけを考えていますので…。
景気アップして皆さんの収入が上がって、お金の使い方も上手になっていただき、ゆとり生活を手に入れていただきたいのです。


追伸
今回、収入がアップしない、今後も上がりそうにないという方も大丈夫です。
ゆとりある生涯資金設計で一番大切なことは、まずは使い方です。
後は、実行できそうな「収入対策」と「金融資産運用対策」で解決策は見つかるものですので、
安心ください。

この記事を書いたプロ

寺野裕子

寺野裕子(てらのひろこ)

寺野裕子プロのその他のコンテンツ

Share