まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ徳島
浪越あゆみ

元CAがお伝えする接客・ビジネスマナーのプロ

浪越あゆみ(なみこしあゆみ)

マナーアドバイザー

お電話での
お問い合わせ
090-4355-2780

浪越あゆみプロのご紹介

“研修のための研修”ではなく、現場で役に立つ研修を(2/3)

どのような研修を行うのかを、事前に担当者と細かく打ち合わせる

始まりと終わりで変わる挨拶から、研修の手応えを感じる

 浪越さんの研修には、決まり切ったマニュアルは存在していません。「大きな会社に所属していると、会社が決めたマニュアルに沿って研修していかなければなりません。その点、私は個人で行っておりますので、相手の担当者とどんな研修が必要なのかをしっかりと打ち合わせして、その内容を反映したマニュアルをその都度作成しています。言葉にするのは難しいのですが、“研修すること”が目的なのではなく、“実践できる研修”であることをモットーとしています」。実際の業務でどのようなマナーが必要とされているのか。浪越さんはそこに焦点を合わせて、お茶の出し方、エレベーターでの見送り方など、細かくポイントを絞った研修を実施しているそうです。
 「特に心がけているのが挨拶です。初回の研修で全員が『よろしくお願いします』と完璧な挨拶ができる企業は、今まで見てきた中にはありませんでした。ですから例え1回だけの研修でも、その成果として『始まりと終わりの挨拶を変えてみせる』のは、私の中で大きなテーマになっています」。迷いのない表情で、浪越さんはそう話します。「そのためには、自分から学びたいと思える研修であることも必要です。個人の性格に合わせた指導の仕方もそうですし、私の場合は研修内容をいくつかのステップに区切って、区切りごとにテストを行っています。だから同じ内容の研修でも先に卒業できる人やなかなか先に進めない人もいて、自然と競争心を持って頂けるように工夫しています」。

浪越あゆみプロのその他のコンテンツ

Share

浪越あゆみのソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-18

浪越あゆみプロのその他のコンテンツ