まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ徳島
馬木俊治

これからの年金づくりとベストライフプランを支援するプロ

馬木俊治(うまきとしはる)

有限会社フォートレス

コラム

選択制確定拠出年金との出会い(3)

確定拠出年金

2014年10月2日

コラムについて私どものメンバーより、解りにくい、難しいとか池上彰氏のように
明快にとか、非難をあびつつ(?)いや、叱咤激励でしょうか、いただきながらやっています。

先に旧AIGエジソン生命に乗りあった話を書きましたが、その間学ばしていただいたことは
為替リスクのある米ドル建て生命保険や、直接金融に属するフラット35など具体的商品販売を通じて
将来にわたる不確実性とはどのようなものなのか、どのように考えるのか、リスクをどのようにとるのか、とらないのかというような、お金にまつわる基本的な事項だったように思います。
そして、至った考えは私たちは資産の運用について、保守的でリスクを取らない方法でやろうとしているが一方、長期で多額な負債についてはリスクを取りすぎていると推定し、こうした事実を皆様にお伝えして判断していただこう、その基本姿勢は今でも持ち続けています。

サブプライムローン問題やリーマンショックの折には、米国からこんなにかけ離れた、そして超零細の
代理店にも多少の影響があり、メンバーの近藤氏と夕暮れ時の狭い事務所の片隅で何時間も
”どのように生きていこうか‘と議論していたことは今でも鮮明に覚えています。
世界の経済は繋がっていると実感した瞬間でした。

その後、メンバーの吉田氏の提案で彼のFP(ファイナンシャルプランナー)仲間の所属する
島根県のココデプランニングさんを訪問し、今後の代理店はプロの総合金融業をめざすべきだと
懇切丁寧にご指導いただき、よくは分かっていませんでしたが、とりあえずは資格試験を受験し、
半年ほどの時間は経過しましたが、PWM日本証券さんのご尽力により金融商品仲介業の業務を
開始することとなりました。
当然取扱いに際して、コンプライアンスの研修など多岐にわたるものがありました。
詳細は今後詳解するつもりですが、言葉だけは知っていましたが今から考えるとモダンポートフォリオの研修だったのでしょう、相関関係であったり標準偏差であっつたりリスクの説明であったり
これはまた、大変な世界に首をつこんだものだと思ってしまいました。

この記事を書いたプロ

馬木俊治

馬木俊治(うまきとしはる)

馬木俊治プロのその他のコンテンツ

Share

馬木俊治プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
088-612-8366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

馬木俊治

有限会社フォートレス

担当馬木俊治(うまきとしはる)

地図・アクセス

馬木俊治プロのその他のコンテンツ