まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ徳島
馬木俊治

これからの年金づくりとベストライフプランを支援するプロ

馬木俊治(うまきとしはる)

有限会社フォートレス

コラム

知ってますか 住宅ローン

金融

2014年9月29日

モーゲージバンクの話をしましたが、皆様が住宅ローンを考える時どのように行動されるでしょうか。

住宅ローンといえば銀行さんに相談されるでしょうね。
それでは、銀行とモーゲージバンクの2種類の金融機関があるのはどうしてでしょうか。

モーゲージバンクは債権化を前提に住宅ローンの原資を調達しています。
日本のほとんどの場合 <フラット35>と呼ばれる住宅金融支援機構の商品に各社が必要とする利率を加算してローン金利が決定されています。
とくに特徴的なのは、前期間にわたり固定金利であるということです。

それでは、銀行の住宅ローンはどうでしょう。
一部の例外を除いて変動金利であったり、3年 5年 10年の一定期間の固定期間が設けられている
ものであり基本的には前期間のうち市場金利に変化があった場合には、それに従って変動するということが特徴です。これは、皆様が銀行に当座預金・普通預金・定期預金というかたちで預金されたものが原資となっているからです。銀行の預金は一般的に短期間の運用ですから、長期にわたる住宅ローンの金利を前期間固定にするのはその制度上は不可能といえます。

こなように、住宅を取得する資金としての住宅ローンの性格は同じですが、その原資においては、
全くの別物といえます。
普段、金融商品仲介業という仕事にたずさわっていたり、保険という仕事にたずさわっていますと、
リスクという言葉がよく使われます。住宅ローンにとってのリスクというと金利変動リスクがあげられます。
先ほど書きましたが、市場の金利は刻々と変化しております。当然上がることも下がることもあります。
それによって利得を得たり、損失を被ったりします。
この金利変動リスクを負う主体を考えてみると、証券化の住宅ローンは投資家が、銀行の住宅ローン
は借主が負うことになります。

国民性の違いで言うと、アメリカ人は日本人に比較してリスク許容度が高いと思われ、銀行預金よりリスクの高い債権や株式に投資をしていると言われています。しかし、一方ローンの借入れは8割以上が債権化の住宅ローンという統計がでています。日本人はリスク許容度が低く資産の多くを元本固定の銀行預金等を利用しております。
しかし、一方多額で長期にわたる住宅ローンでは金利変動リスクを伴う銀行の住宅ローンを
約7割の方が利用されています。
債務という負の部分の変動を不安とお感じになりませんか。

どちらがいいのか、悪いのかそれぞれのご判断ですが、違いがあることを認識されたうえご判断されることをお奨めします。

迷われることがあればご相談に応じますのでご連絡ください。

この記事を書いたプロ

馬木俊治

馬木俊治(うまきとしはる)

馬木俊治プロのその他のコンテンツ

Share

馬木俊治プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
088-612-8366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

馬木俊治

有限会社フォートレス

担当馬木俊治(うまきとしはる)

地図・アクセス

馬木俊治プロのその他のコンテンツ