まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ栃木
亀岡卓哉

教育・IT・人生など多方面での問題を解決するコンシェルジュ

亀岡卓哉(かめおかたくや)

株式会社HOTAKA

コラム

思いついたらすぐ行動 2

教育

2018年6月14日

プログラミング教室

長男が中学生になる時期、今後、彼がどのような職業を選ぼうとプログラミングの意味は理解すべきと思いつきます。

自動車は自動運転が当たり前。
家事労働はりボットが肩代わり。
調べ物はAIが瞬時。

これら全てはプログラミングによって動作します。

コンピュータのプログラミングとは、コンピュータプログラムを作成することにより、人間の意図した処理を行うようにコンピュータに指示を与える行為である。

コンピューターの基本言語は二進法。
           表現できる値の数 
0 1ビット  2 (0・1)
01 2ビット  4 (01・10・00・11)
001 3ビット  8
1010 4ボット  16

10000000 8ビット  256

1バイトは8ビット


101101010010001000100010010011110010010

上記がバイナリコード(バイナリ=二進法)

バイナリーコードを言葉に変換するのに必要なのが計算式です。

100000は「スペース」など、たぶん。

この計算式が「アルゴリズム」。

厳密な定義
1920~30年代、計算可能性のための数学モデル(計算モデル)がいくつも提案された(チューリングマシン、帰納的関数、ラムダ計算など)。後にこれらの定義はすべて同等であることがわかり、それらにより同値な概念を「計算可能」とすることが提案された。したがって、現在では「これらによって『計算可能なもの』を計算する手続き」をアルゴリズムと呼ぶ。

要するに、コンピューターは0と1しか認識できないので4桁とか8桁などで数字を括りそこに法則性を持たせ計算式を当てはめる。
理解の限界を超えてます。

DVDの中身も白い点と黒い点でしかない。
黒が0、白が1。
光が反射する白 1 、光が反射しない黒 0。

基本原理はシンプルな「0と1」。

元々は計算機として発明されたものがここまで成長するとは。。。。

これからの子供達はコンピューターがあるのが当たり前で、その原理を知らずとも道具として使用する。

本来の使い方ではない使い方をしようと思ってもその原理が解ってなければ新たな発想での使用方法は生まれない。
悪意で使用された場合など、原理がわからない場合はそれさえも気づかないかも。

道具に使われないためにも、道具の原理を認識する機会が必要です。

若いプログラマーの方に、今使われているプログラミングを解りやすく教えてもらえる教室を作ってみました。

まだまだ、模索中な教室ですが専門家の方からのアドバイスをいただきながら開催中です。

この記事を書いたプロ

亀岡卓哉

亀岡卓哉(かめおかたくや)

亀岡卓哉プロのその他のコンテンツ

Share

亀岡卓哉プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
028-637-1861

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

亀岡卓哉

株式会社HOTAKA

担当亀岡卓哉(かめおかたくや)

地図・アクセス

亀岡卓哉プロのその他のコンテンツ