まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ栃木
倉持良信

行政書士の資格を持つ心理&産業カウンセラー

倉持良信(くらもちよしのぶ)

クラージュこころカウンセリングルーム

コラム

18歳は大人になれるのか?(成人年齢の引き下げ)

思春期・青年期の悩み

2014年5月17日 / 2014年7月17日更新

国民投票法改正案が5月9日の衆院本会議で可決され、今国会での成立が確実な情勢となりました。

国民投票の投票年齢が「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げられることで、今後は法令の整合性から、公職選挙法の選挙権年齢や民法の成人年齢、少年法の少年年齢などを18歳に合わせるか否かが検討されていくでしょうね。

そこで今回は、「18歳という年齢」について心理学的な側面から考えてみたいと思います。

■18歳は、混乱状態に陥ってしまいかねない時期

心理社会的発達理論では、18歳は青年期(12歳~23歳ぐらいまでをいう。)に属します。

青年期は、子どもでも大人でもない中間的な時期で、自分は一体何者なのか、将来どのような生き方をしたいのかを模索し自分を確立していくために猶予された時期でもあります。

しかし、多様な社会で学ぶべきことが増えてきた現代において、若者が自分を確立していくのは、社会経験の乏しさからますます難しくなってきています。

特に18歳という年齢は、進路や就職など人生における重大な選択を迫られながらも、自分のやりたいことが見つからず、混乱状態に陥ってしまいかねない時期です。

成人年齢引き下げの前提に、そのような現代の18歳という時期を理解して、社会全体が若者の自立・自律を促進させていくための取組み(政治教育、キャリア教育、職業体験など)をより一層やっていく必要があるでしょう。

■こちらのコラムもご覧ください→ 子どもから大人になる困難さ

***********************************************

クラージュ こころ カウンセリングルーム

■ 【公式サイト
■ 【個人カウンセリング】 
    → お申込みはこちら 
■ 【夫婦(カップル)カウンセリング
    → お申込みはこちら
■ 【カウンセラーのプロフィール

倉持良信
産業&心理カウンセラー・行政書士

杉山裕子
心理カウンセラー・メンタルヘルスマネジメントⅡ種 Ⅲ種
 

杉山裕子 (心理カウンセラー) のコラム

カウンセラーの選び方(チェックしておきたい項目)
カウンセリングを受けることによる効果
子どもから大人になる困難さ

***********************************************

倉持良信のプロフィール
杉山裕子の紹介記事





この記事を書いたプロ

倉持良信

倉持良信(くらもちよしのぶ)

倉持良信プロのその他のコンテンツ

Share

倉持良信プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0296-45-5020

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

倉持良信

クラージュこころカウンセリングルーム

担当倉持良信(くらもちよしのぶ)

地図・アクセス

倉持良信プロのその他のコンテンツ