日本の再興・活性化を願う「プロサミット」

日本の再興・活性化を願う「プロサミット」

新着記事プロサミットに新しく更新された記事の一覧です

  • お金との付き合い方を学ばせる「金銭教育」の必要性new

    健全な金銭感覚を養うための金銭教育を受けた経験がある人は、どのくらい存在するのでしょうか?お金とのかかわりは、社会生活を営む上で必要不可欠です。そして、便利な道具であるにもかかわらず、「拝金主義」という言葉に表されるように...

    プロ:石村衛教育

  • 65歳までの希望者全員雇用時代への備えが、ノウハウ流出の防止と社会保障給付の低減に

    サラリーマンの年金(特別支給の老齢厚生年金)の支給開始年齢が65歳に向けて上がることで、無収入期間をなくすために、「高年齢者雇用安定法」の改正の動きが進んでいます。これによれば、65歳まで希望者全員を雇用するのが義務化される、とのことです...

    プロ:河田一省経営

  • 会社を永続させるための意識改善

    「子どものころから憧れた仕事。ずっと続けようと思ったのに、勤めてたった半年で終わりだなんて……」。数年前にある破産・廃業した建設会社で、社員さんから言われた言葉です。涙が出ました。これが私の仕事の原点です...

    プロ:網師本大地経営

  • 防災教育を通して「生き抜く力」を育てる

    日本はかつてより世界の中でも自然災害の多い国だといわれています。近い将来においても大規模な地震が予測されており、台風や火山噴火などの自然災害も起きる可能性が十分にあります。私たちは「一瞬にして人命や生活の場を失いかねない」という大きなリスクを抱えながら生活しているのです...

    プロ:仙波誉子教育

  • 観光ビジネスで企業改革

    2009年のリーマンショックや2011年に発生した東日本大震災の影響も受け、市場環境が著しく変化し、日本の多くの企業が厳しい状況下に置かれています。そのような中、経済を復活させるには国の成長戦略にも挙がっている「観光」を切り口に、企業改革する方向性が不可欠です...

    プロ:松浪辰也経営

  • 経営において最小経費で最大効果を生むマナー

    日本には「顧客満足」「顧客第一主義」という言葉が存在します。多くの企業がそれを経営理念に掲げ、それを具体化するために、「安くて良いモノ」を提供しようとする企業努力を行っています。しかし、それだけでは限界が見えてきているのも事実です。今後は「無理して、良いモノを安価に提供する」より「他の方法でお客さまに喜びや...

    プロ:平松幹夫経営

  • 会社を復活させる「現状把握」と「将来に向けての課題解決」

    会社を運営するに必要とされる「人」「物」「技術力」「市場のニ-ズ」「資金」「情報」において、棚卸を実施し、客観的に現状を把握することが大切です。その上で、強みはさらに伸ばし、弱みはフォロ-することが求められます。そして、現状をワンランクアップさせる課題を設定し、それをクリアするための...

    プロ:萩原広行経営

  • 企業再生に導くPEST分析とSWOT分析

    企業再生とは、「企業内の贅肉をそぎ落とし、身軽になり、時代にあった経営を考えること」と定義します。そのためには、社長を含めた社員の意識改革と、無駄の多い多角化経営を見直すことからはじめます。その判断材料として、マクロ的な見方とSWOT分析をお伝えします...

    プロ:里見郁子経営

  • 従業員の健康を維持するウォーキングのすすめ

    企業の再生には、企業に勤める会社員が健康になることが大切です。そのために効果的ななのが、正しいウォーキングを始めること。「社会に出てから、運動する機会が減った」とよく耳にしますが、東京の新橋でもこのような光景を目にします。「朝、大勢の会社員が一斉にオフィスビルに向かって歩いています...

    プロ:飛鳥田由理経営

教育「教育」をテーマに更新された記事の一覧です

  • お金との付き合い方を学ばせる「金銭教育」の必要性new

    健全な金銭感覚を養うための金銭教育を受けた経験がある人は、どのくらい存在するのでしょうか?お金とのかかわりは、社会生活を営む上で必要不可欠です。そして、便利な道具であるにもかかわらず、「拝金主義」という言葉に表されるように...

    プロ:石村衛

  • 防災教育を通して「生き抜く力」を育てる

    日本はかつてより世界の中でも自然災害の多い国だといわれています。近い将来においても大規模な地震が予測されており、台風や火山噴火などの自然災害も起きる可能性が十分にあります。私たちは「一瞬にして人命や生活の場を失いかねない」という大きなリスクを抱えながら生活しているのです...

    プロ:仙波誉子

  • 子どもの偏平足を改善した「素足での学校生活」

    一つでも当てはまる場合は、早急に対処をしていかなければなりません。近年、子どもたちの「足への環境」が著しく悪くなっているため、子どもの外反母趾と偏平足が急増しています。外反母趾は大人になると更に悪化します。中でも特に偏平足の子...

    プロ:飛鳥田由理

  • 子どもにピアノを続けてもらうため、親としてできること

    ピアノは、体のいろんな場所を一度に使いながら音を奏でます。そして、すべてに当てはまるのが「頭で考え、体で感じている」ということです。 まず音符の種類を見分けることから始まり、楽譜を見てどんな音楽なのかを考え、どんな風に弾いたら...

    プロ:赤木藍

  • 不登校を克服させた人間教育(人格教育)

    教育の再生は日本の発展の鍵。そのためには、人間教育(人格教育)を復活させなければなりません。人間を樹木に例えると、根や幹にあたる部分が「人間教育(人格教育)」で、枝・葉・花・果実にあたる部分が「知識教育」といえます。...

    プロ:能登邦彦

  • 子どもに必要なIT教育

    今や「子どもにIT教育は必要ない」と考える人は少ないのではないでしょうか。「危険だから子どもにネットを使わせない」という段階ではなく、交通ルールと同様に「いかに安全にネットを使いこなすか」といった視点での教育が必要な時期になっていると思います。...

    プロ:中溝一仁

  • 親のエゴを捨て、子どもの立場で考える

    バッチフラワーレメディのコンサルテーションでは、現在どういった悩みがあるかや、どのようなネガティブな感情を持っているかを38種類のレメディ(直訳は治療薬:日本では健康食品)の中から選んでいくことから始めます。...

    プロ:高田みすみ

  • 大学受験にまで影響する小学生の国語力

    現在、子どもの学力低下は甚だしいものがあります。最も目に付くのが国語力の低下です。その原因は多岐にわたりますが、「少子化により家庭における兄弟の会話が少なくなってきていること」「核家族化により世代を超えた日常会話の減少が減少していること」...

    プロ:赤池毅彦

  • 子どもの「片づけ力」の育み方

    クリスマスや誕生日の前、子どもたちはプレゼントを心待ちにしていることでしょう。しかし、片づけもせず部屋におもちゃが散乱している状態であれば、新たにプレゼントを与えてはいけません。現代の子どもは「6ポケット」とも言われるように...

    プロ:園田智恵

  • 子育てのための「こころ」の三大栄養素

    子育てのための「心の三大栄養素」とは「楽しい」「安心」「認められる」です。この心の栄養素が満たされないと、家庭内暴力や、非行、いじめ、不登校、ひきこもりなどの原因になります。子どもは健やかに育てるために、心の栄養素を満たしてあげましょう。...

    プロ:松本秀喜

経営「経営」をテーマに更新された記事の一覧です

  • 65歳までの希望者全員雇用時代への備えが、ノウハウ流出の防止と社会保障給付の低減に

    サラリーマンの年金(特別支給の老齢厚生年金)の支給開始年齢が65歳に向けて上がることで、無収入期間をなくすために、「高年齢者雇用安定法」の改正の動きが進んでいます。これによれば、65歳まで希望者全員を雇用するのが義務化される、とのことです...

    プロ:河田一省

  • 会社を永続させるための意識改善

    「子どものころから憧れた仕事。ずっと続けようと思ったのに、勤めてたった半年で終わりだなんて……」。数年前にある破産・廃業した建設会社で、社員さんから言われた言葉です。涙が出ました。これが私の仕事の原点です...

    プロ:網師本大地

  • 経営において最小経費で最大効果を生むマナー

    日本には「顧客満足」「顧客第一主義」という言葉が存在します。多くの企業がそれを経営理念に掲げ、それを具体化するために、「安くて良いモノ」を提供しようとする企業努力を行っています。しかし、それだけでは限界が見えてきているのも事実です。今後は「無理して、良いモノを安価に提供する」より「他の方法でお客さまに喜びや...

    プロ:平松幹夫

  • 会社を復活させる「現状把握」と「将来に向けての課題解決」

    会社を運営するに必要とされる「人」「物」「技術力」「市場のニ-ズ」「資金」「情報」において、棚卸を実施し、客観的に現状を把握することが大切です。その上で、強みはさらに伸ばし、弱みはフォロ-することが求められます。そして、現状をワンランクアップさせる課題を設定し、それをクリアするための...

    プロ:萩原広行

  • 企業再生に導くPEST分析とSWOT分析

    企業再生とは、「企業内の贅肉をそぎ落とし、身軽になり、時代にあった経営を考えること」と定義します。そのためには、社長を含めた社員の意識改革と、無駄の多い多角化経営を見直すことからはじめます。その判断材料として、マクロ的な見方とSWOT分析をお伝えします...

    プロ:里見郁子

  • 従業員の健康を維持するウォーキングのすすめ

    企業の再生には、企業に勤める会社員が健康になることが大切です。そのために効果的ななのが、正しいウォーキングを始めること。「社会に出てから、運動する機会が減った」とよく耳にしますが、東京の新橋でもこのような光景を目にします。「朝、大勢の会社員が一斉にオフィスビルに向かって歩いています...

    プロ:飛鳥田由理

  • 5,000人の卒業生を輩出したアロマセラピストが教える「サロン成功の秘訣」

    「アロマセラピスト」という職業に、どのようなイメージを抱きますか? アロマセラピーサロンで働いていなければ、優雅な仕事と思われるかもしれません。お客さまの立場から見れば、ある意味、「優雅」でなければなりませんが、サービスを提供するアロマセラピストに必要な努力と忍耐は想像ができないくらい大きいものです...

    プロ:ギル佳津江

プロサミットとは?

教育や雇用、企業活動の再生など、日本には解決しなければならない課題が山積み。日本全体の再興・活性化がフォーカスされている今、 「日本を元気に」をキーワードに全国の"プロ"が世の中に新しい気付きを提言・発信します。

全国月間アクセス数ランキング
菊池捷男
法律相談で悩み解決に導くプロ
(弁護士)
菊池捷男
村越真里子
夫婦の問題を解決するプロ
(カウンセラー)
村越真里子
古賀竜一
コンピューターサポートのプロ
(システムエンジニア)
古賀竜一
期間:8/1-8/31 20位までのランキング

ページの先頭へ戻る