まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
坪内伸太郎

高齢者の住み替え支援と相続空き家問題対策のプロ

坪内伸太郎(つぼうちしんたろう)

よつば綜合事務所

お電話での
お問い合わせ
054-260-4593

坪内伸太郎プロのコラム一覧:遺産分割協議

遺された財産が現金や預貯金であれば簡単に分割できますが、不動産の分割は容易ではありません。トラブルの要因ともなり得る不動産の上手な分割方法を紹介していきます。 遺産のトラブルは、小額の相続であっても決して無縁ではない 莫大な遺産を相続するとき、相続人の間で争いごとが起きると...

遺された財産を相続人が相続するとき、「誰がどれくらいの遺産を受け取るのか」を決める“遺産分割協議”が必要となることがあります。この協議はいつまでに行うべきなのか、その目安となる期限を解説します。 さまざまな遺産手続きの起点となる「相続の開始」とはいつなのか 遺産の相続とは、い...

被相続人が遺言書を残さずに亡くなってしまった場合、一定の手続きに則って遺産分割の協議を行う必要があります。ここではそのおおまかな流れとともに、分割しづらい財産についての三つの分割方法を紹介します。 法的に決められているはずの相続の割合で揉めてしまうケースとは 現金や預貯金、...

遺産相続には、とかくトラブルがつきものであり、それは兄弟姉妹間であっても同様に起こりえることです。このような争いごとが起きる前に、あらかじめ講じておくべき点を整理しておきましょう。 本来は、兄弟姉妹間でも公平に相続割合が決められている 遺産相続という言葉には、常に「トラブル...

亡くなった人(=被相続人)の遺産を相続する場合、被相続人との続柄によって優先順位が付くことになります。ここではその順位のあらましと、それぞれに保証されている「遺留分」の詳細を確認しておきましょう。 相続において、配偶者と子ども達は高い優先順位を持つ 人が亡くなると、その人が...

遺産相続の権利を持つ人には、確実に相続を受けることができる「遺留分」という割合が確保されています。遺留分が認められる続柄の範疇と、その請求方法(遺留分減殺請求)のあらましを紹介します。 法律によって相続の権利を持つ続柄とは 現金や不動産などの財産を持った人が亡くなったとき、...

坪内伸太郎プロのその他のコンテンツ

Share