まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
深澤淳子

思い出を世界に1つのカタチに変えるリメイクのプロ

深澤淳子(ふかさわじゅんこ)

静岡よみかえる工房

深澤淳子プロのご紹介

たんすに眠る着物や帯をバッグにリメイク!普段使いに大変身!(2/3)

たんすの中の着物や帯がオリジナルのバッグに!

「思い出」を手元によみがえらせて使う提案。

 静岡よみかえる工房の深澤さんは、着物や帯をリメイクしてバッグに仕立てる知識と技術を、本を見たり試行錯誤したりして、独学で覚えました。
「高校生の頃に母からミシンを譲り受けて、おこづかいでは買えない洋服を、自分で作っていましたね」
結婚後、子供服や家族の服を作るうち、頼まれて作った小物や服が評判を呼ぶように。そして10年ほど前「フリーマーケットに出してみない?」と声がかかります。
「最初は、完全に自己流で作っていたので、そんなに高い値を付けられずにいたんです。そうしたら知人から、このクオリティーなら、もっとちゃんと値段をつけないと、とアドバイスされて」
買ってくれる人に満足のいく品質で作ること、それに見合った値段で出すこと。その自信がついてきたのは、一人でブースを持って出展するようになってからだそう。
看板になっているリメイクバッグは、もともと自分のジーンズをバッグに仕立てたのがきっかけでした。「それが好評で、大好きな着物や帯で作ったらどうだろう、と思って作ってみたんです」
和布製のバッグを見て、「こういう柄の帯持ってたけど、捨てちゃった」「こういう風にすればよかったのね!」と話す人がとても多くて「本当にもったいない!」と深澤さん。今では、頼まれて作ったものが「こういう風になったのね、ありがとう!」と喜んでもらえるときが一番の喜び、と話します。
「亡くなったおばあちゃんが大切にしていたから、大切に使いたい、と帯をお預かりしたことがあって。おばあちゃんも喜んでいる、ありがとう、と今も使っていただけています。それが本当にうれしい」

深澤淳子プロのその他のコンテンツ

Share

深澤淳子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-7679-5307

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

深澤淳子

静岡よみかえる工房

担当深澤淳子(ふかさわじゅんこ)

地図・アクセス

深澤淳子のソーシャルメディア

rss
ブログ
2017-02-17
facebook
Facebook

深澤淳子のソーシャルメディア

rss
ブログ
2017-02-17
facebook
Facebook

深澤淳子プロのその他のコンテンツ