マイベストプロ静岡
横澤肇

衛生管理・社労士受験指導のプロ

横澤肇(よこざわはじめ)

オフィス横澤

コラム

社長会での法改正講演

2019年5月2日

テーマ:社労士

働き方改革と労働基準法

 4月下旬にある食材関係のフランチャチャイズ企業の社長会にて4月からの労基法改正について話す機会をいただきました。平成29年からあちこちで働き方改革の話をさせていただいておりますが、その是非はともかく、法改正が行われてこの4月から施行されていることをまずもって、強く認識しなければなりません。
「話には聞いているが具体的に何をすればよいかが今一つつかみ切れていない。」そんな認識の方が多かったのかもしれません。実際実務は社長ではなく、労務管理担当者が行うわけですから、社長としての認識は「働き方改革に取り組まなければならい」ということかもしれません。しかし今回の労基法の法改正は罰則を適用するというこれまで以上に一歩踏み込んだ内容ですから、何も知らなかったというわけにはまいりませんし、時間のかかる対応も出てまいります。法律改正が公になって1年間の猶予期間があったのも事実ですから、「その間何をしていたの?」と言われても返事ができないかもしれませんね。
 今回の皆さんは差し迫った喫緊の課題について大変熱心に聞いていただきました。グループ企業全体で女性の多い企業であり、又有給休暇の取得が進んでいないという内部データもあり、悩みは尽きません。すでにスタートから1か月が経過しているとは言え、社長自らが、この問題に関心を持っていただけたことは大きな収穫でした。また今回のテーマをピンポイントで対応するのではなく、昨今の人手不足や、風評被害、外国人労働者の増などいくつも乗り越えなければならない課題がある中で「自社はどうあるべきか」という大きな視点を持っていただけたように感じることができました。
ご清聴いただきました皆様ありがとうございました。

この記事を書いたプロ

横澤肇

衛生管理・社労士受験指導のプロ

横澤肇(オフィス横澤)

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧