まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
横澤肇

衛生管理・社労士受験指導のプロ

横澤肇(よこざわはじめ)

オフィス横澤

コラム

SBS学苑 衛生管理者 静岡講習 過去問の解き方 5-4

衛生管理者

2015年10月20日 / 2018年9月15日更新

問4  特定化学物質のうち第一類物質を製造し、又は取り扱う場合の措置に関する次の記述のうち、法令上、誤っているものはどれか。
(1)第一類物質を製造しようとするときは、あらかじめ厚生労働大臣の許可を受けなければならない。
(2)第一類物質の粉じんを含有する気体を排出する局所排気装置又はプッシュプル型換気装置には、スクラバ又はサイクロンのいずれかの方式による除じん装置を設けなければならない。
(3)第一類物質を製造し、又は取り扱う屋内作業場については、6か月以内ごとに1回、定期に、作業環境測定を行わなければならない。
(4)第一類物質を製造し、又は取り扱う作業場については、関係者以外の者が立ち入ることを禁止し、かつ、その旨を見やすい箇所に表示しなければならない。
(5)第一類物質を製造し、又は取り扱う作業場については、労働者が喫煙し、又は飲食することを禁止し、かつ、その旨を作業場の見やすい箇所に表示しなければならない。

考え方
 特化物の第一類は製造許可物質です。特に注意をはらって扱わなければならないものですから約束事は多いわけですが、この問題は誤りを探す問題で、4つは正しい内容となります。回答しやすい問題構成なのですが、明確な間違い(たとえば数字が違う)が見つからない場合は、最も正解から遠い位置にあると思うものを選びます。しかしこの問題のように、皆正しく読めてしまいそうな問題は難しく感じます。理解しておかなければならないポイントはたった一つ「除塵しようとする粉じんの粒径によりそれに合った除じん方式を採用する」です。

解 説
 除じん方式は電気式除じん、濾過式除じん、スクラバ式除じん、マルチサイクロン式除じんの4種に分類され、粒径の小さな除じんにはスクラバ式及びマルチサイクロン式は不向きとなっています。したがってスクラバかサイクロンのどちらかを設置という記述は、能力の低いものを選択していることになり、正解からは遠いようです。




答 (2)粒径に応じた除じん方式を採用する

この記事を書いたプロ

横澤肇

横澤肇(よこざわはじめ)

横澤肇プロのその他のコンテンツ

Share

横澤肇プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
054-340-2910

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横澤肇

オフィス横澤

担当横澤肇(よこざわはじめ)

地図・アクセス