まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
横澤肇

衛生管理・社労士受験指導のプロ

横澤肇(よこざわはじめ)

オフィス横澤

コラム

SBS学苑 衛生管理者 静岡講習 過去問の解き方 5-3

衛生管理者

2015年10月16日

問3 次の設備又は装置のうち、法令上、定期自主検査の実施義務が規定されていないものはどれか。
(1)アンモニアを取り扱う特定化学設備
(2)透過写真撮影用ガンマ線照射装置
(3)一酸化炭素を含有する気体を排出する製造設備の排気筒に設けた排ガス処理装置
(4)酢酸エチルを重量の5%を超えて含有する接着剤を製造する工程において、当該接着剤を容器に注入する屋内の作業場所に設けた局所排気装置
(5)セメントを袋詰めする屋内の作業箇所に設置した局所排気装置に設けた除じん装置


考え方
定期自主検査についての設問ですが、最初に来る特化物や、有機溶剤の名称に目を取られないようにしましょう。まず注目すべきは設問の最後にある設備の名称なのです。定期自主検査は、常に一定の効力が発揮されるように定期に自主検査をしておきなさいという事ですから、対象となる設備、装置の検査頻度をしっかり覚える必要があります。
又排ガス処理装置は、特定の物質が排出される場合に処理方法が指定されています。


解 説
(1) 特定化学設備は定期自主検査の対象
(2)ガンマ線照射装置は定期自主検査の対象
(3)排ガスの処理装置が必要なのはアクロレイン、フッ化水素、硫化水素、硫酸ジメチルだけ三類物質の一酸化炭素は対象外
(4)有機溶剤中毒予防規則で局所排気装置は定期自主検査の対象
(5)粉じん障害予防規則で除じん装置も含んで定期自主検査の対象。屋内でのセメント袋詰めは特定粉じん作業です。

答 (3)

この記事を書いたプロ

横澤肇

横澤肇(よこざわはじめ)

横澤肇プロのその他のコンテンツ

Share

横澤肇プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
054-340-2910

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横澤肇

オフィス横澤

担当横澤肇(よこざわはじめ)

地図・アクセス