まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
横澤肇

衛生管理・社労士受験指導のプロ

横澤肇(よこざわはじめ)

オフィス横澤

コラム

SBS学苑 衛生管理者 静岡講習 過去問の解き方 4-39

衛生管理者

2015年9月8日 / 2018年9月15日更新

問39 神経系に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)神経系を構成する基本的な単位である神経細胞は、通常、1個の細胞体、1本の軸索、複数の樹状突起から成り、ニューロンともいわれる。
(2)中枢神経系には脳と脊髄が、末梢神経系には体性神経と自律神経がある。
(3)自律神経は、運動と感覚に関与し、体性神経は、呼吸、循環などに関与する。
(4)大脳の皮質は、神経細胞の細胞体が集まっている灰白質で、感覚、思考等の作用を支配する中枢として機能する。
(5)交感神経と副交感神経は、同一器官に分布していても、その作用はほぼ正反対である。

問題の考え方
 神経系は、かなり細かく各部署の働きを抑えておきましょう。この問題は4つの設問が正しいので、しっかり記憶にとどめてください。

解説
(3)自律神経は自分の体を昼も夜もいつも一定に保つ働きを担当しています。呼吸や、循環などです。一方体性神経は、体の外部との連携を担当し、手足を動かしたり、痛みなどを脳に伝達したりする運動と感覚をつかさどります。説明が逆転しています。

答 (3)の説明が逆

この記事を書いたプロ

横澤肇

横澤肇(よこざわはじめ)

横澤肇プロのその他のコンテンツ

Share

横澤肇プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
054-340-2910

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横澤肇

オフィス横澤

担当横澤肇(よこざわはじめ)

地図・アクセス