まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
横澤肇

衛生管理・社労士受験指導のプロ

横澤肇(よこざわはじめ)

オフィス横澤

コラム

SBS学苑 衛生管理者静岡講習 問題の解き方 39

衛生管理者

2013年10月10日 / 2018年8月20日更新

問  耳とその機能に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
(1)耳は、聴覚と平衡感覚をつかさどる器官で、外耳、中耳、内耳の3部に分けられる。
(2)外耳で集められた音は中耳との境にある鼓膜を振動させ、その振動は耳小骨によって増幅され、内耳に伝えられる。
(3)内耳は、前庭、半規管、蝸牛(うずまき管)の3部かからなり、前庭と半規管が平衡感覚、蝸牛が聴覚を分担している。
(4)半規管は、体の傾きの方向や大きさを感じ、前庭は、体の回転の方向や速度を感じる。
(5)鼓室は、耳管によって咽頭に通じており、その内いん圧は外気圧と等しく保たれている。


考え方
耳に関する問題です。目に関する問題も、このような特徴を並べ、その中で単語が入れ変わっているパターンで出題されることが多いです。耳は、音が伝わる仕組みと内耳の働き、蝸牛の中の有毛細胞と騒音性難聴、目は近視の時の焦点の位置などが頻出です。

解説
蝸牛の中の有毛細胞が聴神経を刺激し、音を感じます。ですから蝸牛が音の担当であることは理解しやすいでしょう。ところが前庭と半規管は区別がつきにくいですね。前庭は体の傾きと大きさ、もう一方の半規管が回転と速度です。腎臓の考え方でも申しましたが、どちらかだけを繰り返し暗唱してしまいましょう。

答え
(4)半規管と前庭の説明が逆です。
特定社会保険労務士
衛生工学衛生管理者 横澤 肇

この記事を書いたプロ

横澤肇

横澤肇(よこざわはじめ)

横澤肇プロのその他のコンテンツ

Share

横澤肇プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
054-340-2910

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横澤肇

オフィス横澤

担当横澤肇(よこざわはじめ)

地図・アクセス