まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
横澤肇

衛生管理・社労士受験指導のプロ

横澤肇(よこざわはじめ)

オフィス横澤

コラム

SBS学苑 衛生管理者 問題の解き方 16

衛生管理者

2013年7月26日 / 2014年5月5日更新

問 化学物質による健康障害に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
(1)一酸化炭素による中毒では、ヘモグロビン合成の障害による貧血や溶血などがみられる。
(2)シアン化水素による中毒では、細胞内の酸素の利用の障害による呼吸困難や痙攣などがみられる。
(3)弗化水素による中毒では、脳神経細胞が侵され、幻覚、錯乱等の精神障害などがみられる。
(4)塩素による中毒では、再生不良性貧血や溶血などの造血機能の障害がみられる。
(5)二酸化窒素による慢性中毒では、骨の硬化や斑状歯などがみられる。


考え方
衛生管理者に求められるのは 医師の知識ほどの高レベルではなく、また何も知らないというレベルでもありません。状況を判断して、どのような点に気を付けるのか、また何らかの異常が生じた場合どの方面に援助を求めるのかを知っておく必要があります。化学物質を取り扱う事業所従業員の健康に一定の症状が認められる場合、放置することはできません。その知識を問う問題ですから、化学物質が人体に与える特徴、特にこの物質特有の症状があるというケースはしっかり覚えましょう。

解説
(1)一酸化炭素とヘモグロビンは結びつきやすく、このため酸素を体に送ることができなくなります。
 貧血や溶血ではありません。
(2)シアン化水素(青酸ガス)はメッキ工場で使われています。毒性が強い化学物質ですが、一般に利用されている化学物質でもあります。
(3)弗化水素は歯医者さんで虫歯予防のために使う「フッ素」と呼ばれている物質とは違います。フッ化水素は吸い込むと気管支や肺を損傷します。脳神経ではありません。
(4)塩素は漂白剤や消毒剤として使われていますが、濃度が高いと粘膜刺激や、肺水腫を生じます。
再生不良性貧血はベンゼンの特徴です。
(5)二酸化窒素は慢性中毒として歯牙酸触症、気管支炎の症状を表します。骨の硬化や斑状歯は弗化水素の症状です。

答え
(2)が正しい

この記事を書いたプロ

横澤肇

横澤肇(よこざわはじめ)

横澤肇プロのその他のコンテンツ

Share

横澤肇プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
054-340-2910

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横澤肇

オフィス横澤

担当横澤肇(よこざわはじめ)

地図・アクセス