まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
山田高士

掃除と片づけが楽になる家造りのプロ

山田高士(やまだたかし)

株式会社 山春建設

コラム

子育ての間取りで平屋に取り入れたい仕掛け

子育ての間取り

2018年7月7日

平屋は子育て世代にも人気があります。その背景や取り入れたい仕掛けを見てみましょう。

人気がある「平屋」

平屋は年齢層を問わず人気があります。子育てを終えたシニア世代にとっても子育て真っ最中の世代にとっても根強い人気を保っています。

理由の一つとして、ワンフロアに家族が暮らすために必要なものすべてが収まっているコンパクトさをあげることができるでしょう。2階建ての家のように、階段の上り下りがないということは、シンプルでまた生活の利便性に富むものなのです。
たとえば掃除です。階段がないというだけで、毎日の掃除が驚くほどラクになります。

平屋で子育ての特徴

階段がないということは、小さいお子さんが知らないうちに2階に上がっているということがありません。お子さんが階段から落ちる心配がなく、家の中で多少目を離しても大丈夫という安心感があります。これは子育て世代のお母さんにとって非常に大きなメリットです。

また、マンション住まいの場合、子育てで気になるのが、階下への足音や隣家への騒音です。平屋にはこの気がかりがありません。平屋には子育てにつきものの心配や気がかりが、住まいの構造よって軽減・解消されるという大きなメリットがあるのです。

取り入れたい仕掛け

平屋を希望される子育て世代の方に、ぜひ取り入れてほしいのが、収納に関する工夫です。平屋の中には収納スペースに使える場所が、工夫次第でたくさんあります。

たとえば玄関です。少し広めに取り、収納スペースを設けると生活のしやすさが増します。
収納スペースは、横方向だけではなく、上下にも作ることができます。たとえば床下収納はキッチンだけではなく玄関にも作れるということです。
また、上階がない平屋の特色を生かしてロフトを作り、収納スペースを確保するのも良いでしょう。ロフトを作ることでワンフロアの空間に広がりや開放感をプラスすることにもなります。

この記事を書いたプロ

山田高士

山田高士(やまだたかし)

山田高士プロのその他のコンテンツ

Share

山田高士プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
055-963-1918

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山田高士

株式会社 山春建設

担当山田高士(やまだたかし)

地図・アクセス

山田高士プロのその他のコンテンツ