まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
山田高士

掃除と片づけが楽になる家造りのプロ

山田高士(やまだたかし)

株式会社 山春建設

コラム

新築で「これは便利!」と思った適所適量な収納事例

新築収納

2018年7月14日

新築時にぜひ考えておきたい「収納」、いくつかの事例を見てみましょう。

人気のパントリー

食料品や調理器具など、キッチン周りのアイテムをまとめて置けるパントリーは、作っておいて良かった、とおっしゃる方が多く、人気があります。

パントリーには、人が出入りできるウォークインタイプもありますし、奥行きを浅めに作るタイプもあります。

いずれも食品だけではなく、卓上コンロのようにその季節にしか使わないもの、普段は使わないお客様用の食器などを置く場所として使うことができます。

ウォークインタイプの広いパントリーにすると、家事室を兼ねた小部屋としても使えます。忙しい家事のなか、ホッくつろげる空間になりますね。

玄関と収納

玄関はもちろんご家族が出入りする場所、また、お客様をお迎えする場所ですが、この玄関に収納スペースを設けるご家庭が増えています。たとえばウォークインできるシューズクローゼットもその一つです。

このスペースは、靴や傘などの収納はもちろん、ベビーカーをしまう場所にもなりますし、ゴルフバッグやスノーボードなどを置いておく場所としても使えます。キャスター付のスーツケースなど、家の中で収納するところがなくて困るものを置いておく場所としても便利です。

ガーデニングをする方にとっては、土がついた手袋やスコップなどを置く場所としても重宝します。

便利なオリジナル製作家具

収納の基本は「適所適量」ですが、そのためにオリジナルの家具を発注するのも魅力があります。

たとえば、1階のリビングから2階へ上がる階段下を収納スペースにするとしましょう。そこにオリジナルの棚を設けるのも良いアイディアです。

便利な収納スペースになるのはもちろんですが、棚の材質・色合いなどを吟味すると、単なる収納スペースではなく、リビングにアクセントを加える空間になります。

また、パントリーに棚を設ける際、上段は奥行きを浅く、下段は深くするなど、オリジナルの棚を設けると物の出し入れや確認がスムースになります。

この記事を書いたプロ

山田高士

山田高士(やまだたかし)

山田高士プロのその他のコンテンツ

Share

山田高士プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
055-963-1918

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山田高士

株式会社 山春建設

担当山田高士(やまだたかし)

地図・アクセス

山田高士プロのその他のコンテンツ