まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
山田高士

掃除と片づけが楽になる家造りのプロ

山田高士(やまだたかし)

株式会社 山春建設

コラム

子育て中の家事でイライラしないための家の間取りとは?

子育ての間取り

2018年7月4日

子育て中のイライラ少なくするために間取りを考えて見ましょう。

イライラを間取りで少なくする

「片付けても片付けても、あとからあとから散らかされる」
「料理していても子供が気になって、思い通りにいかない」

子育て中のお母さんからこんな声を聞くことが少なくありません。家の間取りを工夫することでこのイライラを解消する手立てはないでしょうか。

あるご家庭では、リビングにお子さん専用のスペースを設け、そこはおもちゃがいくら散らかっていてもいいスペースとすることで、イライラ解消をはかっています。

また、キッチンを対面式にすることで、いつもお子さんの様子が分かるようしているご家庭も多くなっています。

リビングには収納スペースが必要

もうひとつ大切なのが収納です。

リビングには余計なものを置かずスタイリッシュに、という意見もありますが、見た目の良さばかりでは本当に魅力あるリビングにはならないものです。

それに、見た目と収納は工夫次第で両立します。
リビングの壁面にいくつか違い棚を設けて収納スペースにすると共に、壁面にリズム感を持たせることで、リビング全体に魅力を添えている例もありますし、リビングに合った風合いのボックスを床に配置し収納と見た目の良さを両立させているご家庭もあります。

見た目も使い勝手もいいリビングクローゼット

リビングが散らかって見えるのはお子さんのおもちゃばかりではありませんね。

「キッチン→リビング→玄関」、こんな間取りの住まいをイメージして下さい。この場合、リビングにリビングクローゼットを設けると便利です。

掃除機など掃除道具を収納する場所にも使えますし、お子さんのおもちゃ置き場としても使えます。また、外から帰ったご自分やご主人のコートなどの仮置き場所、お子さんの外行きの服置き場にもなります。

リビングクローゼットに使い方の決まりはありません。ご自分に合った使い方をすることで家事のイライラ解消がはかれます。

この記事を書いたプロ

山田高士

山田高士(やまだたかし)

山田高士プロのその他のコンテンツ

Share

山田高士プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
055-963-1918

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山田高士

株式会社 山春建設

担当山田高士(やまだたかし)

地図・アクセス

山田高士プロのその他のコンテンツ