まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
杉浦菜美

あらゆるシーンにおける香りの提案のプロ(調香師)

杉浦菜美(すぎうらなみ)

Victoire(ヴィクトワー)

杉浦菜美プロのご紹介

「香りが持つ力、香りから広がる世界を知っていただきたい」(1/3)

Victoire(ヴィクトワー)主宰 杉浦菜美さん

調香師のブレンドによって誕生する世界でただ一つの香り

 目に見えない香りのスペシャリストとして、「Victoire(ヴィクトワー)」を主宰する杉浦菜美さん。その穏やかな笑顔と佇まいを前にすると思わず心がほどけてゆく…そんな印象をまとった杉浦さんは、天然香料を用いたパルファン(香水)の調香師であり、アロマセラピストでもあります。

 世界各地の植物から抽出された天然香料だけでなく、日本産の精油にも精通し、香りの背景である植物がどう生きてきたか、その「生き様」という深い視点からも香りと向き合うその姿に、杉浦さんの真摯な想いが表れています。

 「よくラベンダーは癒しの香りと言われますが、人によって好まれる香りは異なりますし、日本古来の植物の香りにほっとするという声はよく聞かれますね」とのこと。また、「その日の出来事や心身のコンディションによっても、香りの好みは繊細なまでに変化するんです」とも。
 つまり、香りの良し悪しは万人にあてはまるものではなく、非常にパーソナルかつデリケートなものだということが杉浦さんのお話をうかがうとよく分かります。だからこそ調香師として、目の前の方のために世界でただ一つの香りをブレンドする役割を杉浦さんは担っているのだとおっしゃいます。

 五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)の中でも、嗅覚は最も原始的で本能的な感覚だとされています。「香りは自分の理性や意志とは関係なく、好き、嫌いが無条件で決まってしまうもの。それは、本能的に自分が求めるたった一つの香りを知っているとも言えます。『ご自分の心に響く香り』にぜひ出会っていただきたいと思いますし、そのお手伝いができたら嬉しいです」。

杉浦菜美プロのその他のコンテンツ

Share

杉浦菜美プロのその他のコンテンツ