まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
高田弘美

原価で家を建て、理想の我が家を創るプロ

高田弘美(たかだひろみ)

高田建築設計室

お電話での
お問い合わせ
054-249-0230

コラム

分離発注のうまみ-その1-多重下請け問題。

分離発注

2015年10月24日 / 2015年11月11日更新

今話題の杭基礎偽装について、長年建築に携わって来た私も呆れたことが有りました

発注者から実際の施工者までの経緯です。

マンションの購入者から見た経緯で検証すると。

購入者→販売者、三井不動産→元請け、三井住友建設→下請け、日立テクノロジーズ→旭化成→実施工、旭化成建材

如何ですか、マンションのような大型物件の場合、大小は有りますがこのような多重下請けが一般的なのです。

多重下請けの場合、一番の問題はそれぞれが利益を受け取り、実際施工する業者の利益は微々たるものになってしまうことです。

杭が支持地盤に届かないなら、継ぎ足す費用と工期の負担は誰が負うか、直近の旭化成か、それとも建設工事発注者の三井不動産が負うのか。

私の私見ですが、元請けは負担しないでしょう、微々たる利益の旭建材は負担を避けるため、杭の問題を隠蔽する。

建築に携わる者なら、容易に想像することができます。

二番目の問題は、実際施工する者が、「建物を使用する人のために工事をする」イメージできるかだ。

これは、多重下請けになるほど薄れてしまいます。

分離発注方式は、発注者が実際施工する業者に、直接発注します。

CM(コンストラクション、マネ-ジメント)と共に最近は公共事業でも採用されています。

私の疑問ですが、杭基礎の事件で日立テクノロジーズの存在が小さいのは何故でしょう。

【静岡市(葵区・駿河区・清水区)で注文住宅・原価で建てられる家・分離発注マイホーム・オープンシステムのオーダーメイドのご相談は高田建築設計室までお気軽にご連絡ください!!】
♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪
高田建築設計室
静岡市葵区上足洗1-3-46
TEL:054-249-0230
http://www5f.biglobe.ne.jp/~h-takada/
代表:髙田弘美

この記事を書いたプロ

高田弘美

高田弘美(たかだひろみ)

高田弘美プロのその他のコンテンツ

Share

高田弘美プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
054-249-0230

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高田弘美

高田建築設計室

担当高田弘美(たかだひろみ)

地図・アクセス

高田弘美プロのその他のコンテンツ