まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
堺利行

住む人の思いを形にする建築のプロ

堺利行(さかいとしゆき)

堺建築設計事務所

お電話での
お問い合わせ
054-636-3821

コラム

斜線制限

設計中

2018年2月11日 / 2018年9月23日更新

建物には、高さの制限をする法律があります。


用途地域別に いろいろと決められているのですが、
低層住居専用地域なんかでは 絶対高さ制限(高さの限度)があり、
第1種の場合は、10mが限度です。


絶対高さ制限以外に、よく耳にするのが 斜線制限ですね。

家づくりをするうえで、土地の面積がそれほど広くない場合は、要注意です。

斜線制限には、道路斜線(前面道路の反対側の境界線からの斜線)と、
隣地斜線(隣地の境界線を起点とした 高さ+斜線勾配)と、
北側斜線(北側隣地の境界線を起点とした 高さ+斜線勾配)があります。

北側斜線は一番きびしい斜線制限で、北側隣家の 日当たりの悪化を防ぐことが目的です。


五十海の家、南北方向の間口が あまり広くありません。
そのうえ、用途地域は 一番きびしい第1種低層住居専用地域です。

南北の屋根勾配を変えることを バランス良くデザイン(かっこよく)しながら、検討していきます。


模型をもって打ち合わせでご説明。

この外観デザインの意味をご理解いただきながら、設計を進めていきます。

この記事を書いたプロ

堺利行

堺利行(さかいとしゆき)

堺利行プロのその他のコンテンツ

Share

堺利行プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
054-636-3821

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

堺利行

堺建築設計事務所

担当堺利行(さかいとしゆき)

地図・アクセス

堺利行のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-23
facebook
Facebook

堺利行のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-23
facebook
Facebook

堺利行プロのその他のコンテンツ