マイベストプロ静岡
長谷川誠

シャンプー選びと毛髪診断のプロ

長谷川誠(はせがわまこと)

はせがわオフィス

コラム

シャンプーに対する欲求が止まらない理由

2019年1月11日 公開 / 2019年10月20日更新

テーマ:シャンプーの教科書



From:長谷川誠
浜松のデスクより、、、


今から約70年前


シャンプーと言えば
「石鹸シャンプー」でした。


ですので、髪を洗うと
すっっっっごいキシミます(泣)


でも、当時はそれでも全然OK!


なぜなら、
髪の汚れを落として
清潔にするのが目的だったからです。


あれから70年・・・


僕たちは、髪の汚れが落ちるだけでは
満足しなくなりました。


・キシムのは嫌だ

・サラサラヘアになりたい

・パサつくのは困る

・泡立ちが良くないと使いたくない

・傷んだ髪を補修して欲しい


などなど、
シャンプーに対する欲求は
青天井で上がり続けています(汗)


あんなに健気で、
汚れさえ落ちたらそれでいい
という時代はもう過去の話です。


でも、なぜそんなにも
シャンプーに対する欲求が
高くなってしまうのか?


これには僕たちが絶対に
逃れられない理由があるのです。


それは・・・


人間には「快適に暮らしたい」
という欲求が生物学的にプログラム
されているからです。


人間はこの欲求を
避けて通ることができないのです。


ですので、僕たちは今後ますます
シャンプーに対する欲求が大きくなっていきます。


もしかした、数年後には


使えば髪が生えてくるシャンプーとか


洗っただけで
白髪を黒髪に戻せるシャンプー


あるいは、一度使うと
1ヶ月間髪が汚れないシャンプー


なんて商品が
普通に販売されるように
なっているかもしれませんね。


あなたは、どんな
シャンプーの未来を期待していますか?


毛髪診断士 長谷川誠









毛髪診断士の長谷川誠です。

長谷川誠挨拶
浜松工業高校→東北学院大学
学生時代はテニスに情熱を注ぎ、念願の全国大会に出場するも全国での通算成績が2勝9敗とこっぴどくやられ現実を思い知らされる・・・しかし物事に取り組む大切さと、競争に勝つ大変さを学ぶ。
大学卒業後は浜松に戻り、繊維商社に入社。

その後は美容師だった母の影響もあり、毛髪の世界へ。
そこで、髪の毛の奥深さに取り付かれ毛髪診断士となる一方、髪の毛に関する間違った情報や、都市伝説を今も信じている人がいかに多いかを知る。

そんな歯がゆい経験から、大人のシャンプー.comでは、自分自身が何度も使って納得したものだけをご提供している

この記事を書いたプロ

長谷川誠

シャンプー選びと毛髪診断のプロ

長谷川誠(はせがわオフィス)

Share
関連するコラム