まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
長谷川誠

シャンプー選びと毛髪診断のプロ

長谷川誠(はせがわまこと)

はせがわオフィス

コラム

↓これがなければ↓髪の状態がわかりません

髪の毛の教科書

2018年6月3日 / 2018年8月17日更新



From:長谷川誠
浜松のデスクから、、、


毛髪診断士の役割は2つあります。


1つは
「髪に関する正しい知識でアドバイスをする」


そしてもう1つは
「顕微鏡などを使った毛髪診断」です。


アドバイスに関しては
伝え方など難しい点もありますが


自分の努力で
スキルアップしていくことが可能です。


一方


毛髪診断は自分の力だけでは絶対に
超えられない問題があります。


それが“人間の視力の限界”です。


当たり前ですが
人間の視力でキューティクルを
確認することはできませんよね(汗)


これはもう視力良いとか
悪いの問題ではありません。


そこで、機械というか
道具に頼らなければいけません。


頼る道具は3つです。


1、電子顕微鏡

2、デジタルゲージ

3、マイクロスコープ





これらは、あなたの髪や
頭皮を健康に保っていただくために


メチャメチャ重要な道具ですので
紹介させてください。


まず、電子顕微鏡です。


これはキューティクルの状態を
確認するために使います。


例えばキレイな髪と傷んだ髪では
こんなに違いがあるんです(汗)





そしてデジタルゲージです。


これで髪の太さを測ります。


髪の太さは0.06mm以上あるか
どうかが基準となります。





最後にマイクロスコープです。


これは頭皮の状態を確認したり
毛根像という抜け毛の毛球部分
(毛根の先端)を確認するために使います。


今後の抜け毛をなどを
判断するのに超重要な道具です。





といった感じで、これらの道具を駆使して
毛髪診断を行っています。


もちろん
これは医療行為ではありませんので


髪や頭皮の問題を治す
行為はできませんが


問題解決に
お役に立てるよう行っています。


あなたは今、
髪や頭皮にお困り事はありませんか?


毛髪診断士 長谷川誠









↓↓↓
“英国王室キャサリン妃”と 同じブラッシングを体感しながら
髪の毛をサラサラにほぐしたい人は他にいませんか?




毛髪診断士の長谷川誠です。


浜松工業高校→東北学院大学
学生時代はテニスに情熱を注ぎ、念願の全国大会に出場するも全国での通算成績が2勝9敗とこっぴどくやられ現実を思い知らされる・・・しかし物事に取り組む大切さと、競争に勝つ大変さを学ぶ。
大学卒業後は浜松に戻り、繊維商社に入社。

その後は美容師だった母の影響もあり、毛髪の世界へ。
そこで、髪の毛の奥深さに取り付かれ毛髪診断士となる一方、髪の毛に関する間違った情報や、都市伝説を今も信じている人がいかに多いかを知る。

そんな歯がゆい経験から、大人のシャンプー.comでは、自分自身が何度も使って納得したものだけをご提供している。

この記事を書いたプロ

長谷川誠

長谷川誠(はせがわまこと)

長谷川誠プロのその他のコンテンツ

Share

長谷川誠プロのその他のコンテンツ