まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
長谷川誠

シャンプー選びと毛髪診断のプロ

長谷川誠(はせがわまこと)

はせがわオフィス

コラム

【白髪の研究】 白髪だけじゃなく金髪美女も消えるかもしれない日

髪の毛の教科書

2016年3月3日 / 2018年8月17日更新

白髪になる人、ならない人。
若白髪が出る人、出ない人。
もの凄く個人差はありますが、共通認識としては「白髪は出なくていい!」
という意見が大半ではないでしょうか?



しかも白髪は世界的にNo Thank you!とされています。
そして、今のところ一番の白髪対策と言えば白髪染め。
なのですが、この度白髪になる原因の遺伝子をつき止めたという研究発表があり、今後白髪染め以外の選択肢が誕生する可能性が出てきました。


今回の研究でわかった事


①白髪の遺伝子研究を行ったのはロンドン大学、遺伝子研究所のアンドレ・ルイス教授らのチーム。
②髪の色が失われる原因となる遺伝子をつき止める。
③その遺伝子の名は「IRF4遺伝子」

これからIRF4遺伝子の研究が進んで行けば、白髪の生える年齢を遅らせるだけでなく、白髪そのものを食い止める治療が可能になるかもしれません。
さらに化粧品への応用ができれば、もっと手軽に白髪をコントロールできるかもしれませんね!

ただし、IRF4遺伝子は金髪の発生にも関わっているため、IRF4遺伝子を操作する事でブロンド髪の減少にもつながるかもしれないとの事です。



ここに関しては黒髪の日本人にはあまりピンときませんが、今後IRF4遺伝子が髪の色に大きくかかわってくるのは間違いなさそうです。


祖先の違いが白髪の出る年代に関係


今回の研究でさらにわかった事は、祖先の違いによって白髪が始まる年代が異なる傾向があるという事です。
白色人種の白髪が出る平均的な年代は30代半ば
東アジア系は30代後半
サハラ以南アフリカ人は40代半ば

もしこれから「IRF4遺伝子」という名前を日常生活で使うような日が来たとしたら、その時は30代だの40代だの言わず
「白髪って昔あったらしいよ!」
なんて会話をする日がくるかもしれませんね!


今回の記事はいかがでしたでしょうか?


シャンプー選びと毛髪診断のプロ コラムは、美しく健康な髪を愛する人のためのコラムです。

もし「参考になった!」、「いいね!」と感じましたら下のツイッター、フェイスブックで是非お友達にも紹介してください!
↓ ↓ ↓

この記事を書いたプロ

長谷川誠

長谷川誠(はせがわまこと)

長谷川誠プロのその他のコンテンツ

Share

長谷川誠プロのその他のコンテンツ