まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
長谷川誠

シャンプー選びと毛髪診断のプロ

長谷川誠(はせがわまこと)

はせがわオフィス

コラム

冬に頭皮がベタつく、臭う人のシャンプー選びと洗い方

シャンプーの教科書

2016年2月10日 / 2018年8月17日更新

冬なのに頭皮がベタつく。
冬なのに頭皮の臭いが気になる。
こんな方はいらっしゃいませんか?

この原因はどちらも皮脂にあります。
皮脂の分泌量が多ければ頭皮はベタつきますし、その皮脂を清潔に洗い流していなければ臭いも出ます。
でも、なぜ夏ほど皮脂の量が多くない、むしろ乾燥している冬にこんな悩みが起こってしまうのか!?
それはシャンプー選びと、シャンプーの方法に問題があるかもしれません。
そこで今回はどんなシャンプーを使えばいいのか、どんな洗い方をすればいいのかご紹介していきたいと思います。


冬に頭皮がベタつく、臭う人のシャンプー選び


シャンプー選びで一番重要なのは、洗浄力が強すぎない事!
例えパッケージや店内のポップに「やさしい」、「マイルド」などと書かれていても一度立ち止まってパッケージの裏面を見てください。
そこの左上にこんな成分が使われていたら洗浄力が強すぎてしまいます。
「ラウレス硫酸Na」、「ラウリル硫酸Na」、「ラウレス硫酸アンモニウム」



洗浄力の強いシャンプーは皮脂を洗い流す力は強いのですが、頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまいます。
すると頭皮は乾燥を防ぐためにより多くの皮脂を分泌するため、髪は余計にベタついてくる事があります。


そこでオススメなのが「コカミドプロピルベタイン」



「ラウロイルメチルアラニンNa」



「ココイルグルタミン酸Na」



ちょっと覚えるのが面倒ではありますが、是非頭の片隅にでも置いといて頂ければと思います。


冬に頭皮がベタつく、臭う人の洗い方


頭を洗う際に、しっかり皮脂を落とそうとしてゴシゴシと力いっぱい洗ってしまいがちです。
しかし、ゴシゴシはNG!
こちらも皮脂を落としすぎてしまい、余計に皮脂の分泌を増やしてしまいかねません。
頭はゴシゴシではなく、モミモミと洗ってあげてください。
できれば、シャンプーを泡立てネットなどで泡にしてから使ってあげると良いかと思います。



ちなみに、このようなシャンプー選びと洗い方はフケ対策としても有効です。
頭皮がベタつくとは反対に、乾燥してサラサラと細かいフケが出てしまう方もシャンプー選びと洗い方には十分注意して頂けたら幸いです。


今回の記事はいかがでしたでしょうか?


シャンプー選びと毛髪診断のプロ コラムは、美しく健康な髪を愛する人のためのコラムです。

もし「参考になった!」、「いいね!」と感じましたら下のツイッター、フェイスブックで是非お友達にも紹介してください!
↓ ↓ ↓

この記事を書いたプロ

長谷川誠

長谷川誠(はせがわまこと)

長谷川誠プロのその他のコンテンツ

Share

長谷川誠プロのその他のコンテンツ