まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
長谷川誠

シャンプー選びと毛髪診断のプロ

長谷川誠(はせがわまこと)

はせがわオフィス

コラム

【無料キューティクル診断】 K様の場合

無料キューティクル診断

2016年1月31日 / 2018年9月20日更新

髪は切っても痛くないし血も出ません。
でも、一度傷つくと病気やケガのように回復する事もないです。
自然治癒力、ないです・・・・

特に髪を守る上で大切なのが、キューティクル!
という訳で、大人のシャンプー.comでは皆様に髪の現状を知ってもらうために「キューティクル診断」を行ってます。
(診断方法はスンプ法という技法を使っています)

スンプ法


キューティクル診断 K様


まずは髪の太さです。
髪の太さは0.06mm以上が正常、それ以下は細毛とされています。
細毛は切れやすい、ハリやコシがない、ボリュームが出ない、髪が薄く見えてしまうなどの原因となっております。

K様の場合、9本中1本だけが0.06mm以下の細毛でしたが、特に問題はありません。

髪の太さ K様


毛根像


毛根の先端部分(毛球)を見ると、髪がちゃんと成長してない、髪に異常がある、脱毛の可能性があるなどの事が分かります。

K様の場合③④⑥番の髪は毛根のふくらみが甘いため、次回生えてくる髪がしっかりと太く、長く成長しない可能性があるかもしれませんので、アジ、サバ、チーズ、乳製品などの食品をちょっと意識して食べてあげるといいかと思います。

またK様の抜け毛からは「ヒゲ根」と呼ばれる毛球の先からチョロっと糸が出ているものが5本確認できました。(③④⑥⑦⑨番)

これは髪を強く引っ張る事などによって抜けた髪に見られる状態です。
もし、この中に当てはまる事があったらご注意ください!
1、同じ方向に髪を引っ張ってまとめている。
2、強くブラッシングしている
3、髪を洗うときの力が強い

毛根像 K様


キューティクルのダメージ


◆根元

髪の根本部分のキューティクルは特にダメージもなく、問題ありません。

◆中間

所々キューティクルが剥がれている箇所があるものの、全体的にはそれほどダメージはありません。

キューティクル根本、中間K様

◆毛先

かなりのダメージです。
キューティクルが剥がれて無くなってる部分の方が多いくらいなので
・パサつき
・指通り
・カラーの色持ち
・髪の強度
これらはかなり悪い状態かと思います。

また、青丸をした部分に関してはキューティクルが無いを通り越し、髪そのものが削られているような状態です。
残念ながらこの部分が復活する事はないですが、トリートメントでパサつき感や手触り感は回復は出来るかと思います。

キューティクル毛先K様



総評


毛先を中心に髪はかなり傷んでる状態です。
そして毛先のキューティクルがほとんど失われているため、ヘアカラーの色持ちが悪くなっております。
またヘアアイロンご使用の際は、設定温度は150℃以下、髪をはさむ時間は1回3秒以内を意識して頂けるとダメージはだいぶ軽減されるかと思います。
ただアイロンのプレート自体にキズがあると、髪をさらに傷つけてしまうのでお気を付けください。

クセ毛が気になると、ついついアイロンの使用回数が増えたり強めにブラッシングしがちですが、まだ髪の中間部分はダメージが少ないので、やり過ぎにはご注意ください!

抜け毛全体としては、髪を強く引っ張る印象があります。
シャンプーやブラッシングの際、あまり強く髪を引っ張らないようにして頂ければ幸いです。

※今回診断させてもらったのは9本の抜け毛になります。
この結果が全てではなく、あくまでも参考にして頂ければと思います。
また髪へのケア意識を少しでも持って頂けましたら幸いです。


今回の記事はいかがでしたでしょうか?


シャンプー選びと毛髪診断のプロ コラムは、美しく健康な髪を愛する人のためのコラムです。

もし「参考になった!」、「いいね!」と感じましたら下のツイッター、フェイスブックで是非お友達にも紹介してください!
↓ ↓ ↓

この記事を書いたプロ

長谷川誠

長谷川誠(はせがわまこと)

長谷川誠プロのその他のコンテンツ

Share

長谷川誠のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-21
twitter
Twitter
2018-09-21
facebook
Facebook

長谷川誠プロのその他のコンテンツ