まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
長谷川誠

シャンプー選びと毛髪診断のプロ

長谷川誠(はせがわまこと)

はせがわオフィス

コラム

【今日から0円で出来る!】 シャンプーの泡立ちを良くする方法

シャンプーの教科書

2016年1月22日 / 2018年9月24日更新

いつもと同じシャンプーを、いつもと同じように使っているのに、シャンプーの泡立ちが悪い!
なんて経験はありませんか?

そんなとき、まず一番最初に行うのがシャンプーをもう1プッシュ追加!
かと思います。

ボトルポンプ

しかしシャンプーの量を増やす事は、髪や頭皮にとって実はリスクがあったりします。
だからこそ、シャンプーをもう1プッシュ増量する前にやっておきたい事があります。
そして、シャンプーの泡立ちが日によって違う人には特徴があります。


シャンプーの泡立ちが悪い人の5つの特徴


①最近髪を洗っていない、汚れている。
②皮脂の分泌量が多い。
③ワックスなどの整髪料をつけている。
④スポーツ後。
⑤焼肉を食べた後。

ようするに、髪か頭皮の脂分が多いとシャンプーの泡立ちは一気に悪くなります。
また、髪の表面を覆うキューティクルは油とよく馴染む親油性となります。
焼肉に限らず、揚げ物、炒めものを食べた後のキューティクルは油と吸着しますのでシャンプーの泡立ちは悪くなります。


シャンプーの量を増やすリスク


シャンプーの目的は髪や頭皮を清潔に保つ事です。
しかし、せっかくシャンプーで汚れを洗い流しても、髪や頭皮に残留させてしまっては“かゆみ”の原因になりかねません。

また、洗浄力の非常に強いシャンプーを現在お使いになっていた場合、皮脂の取りすぎで頭皮の乾燥→フケの発生。
あるいは、皮脂の取りすぎ→皮脂の過剰分泌。
このようなトラブルにつながる事もあります。
シャンプーの量が増えれば、すすぎも普段以上にしっかり、しかも丁寧に行う必要があるのです。


とはいえ泡は立たせたい


最近インフルエンザでお風呂に入れなかった。
今日はワックスで髪をセットした。
さっきスポーツして、打ち上げで焼肉に行ってきた。
こんな夜は絶対に泡立ちが悪いはず!

そんなときこそ、シャンプー前に髪の予洗いが大切になります。
ぬるま湯で5分、いや2分でいいのでまずはシャワーで丁寧に洗い流してあげてください。
もしくは、洗面器にお湯を張ってその中で髪をじゃぶじゃぶしてあげてもいいと思います。

シャンプーの泡

これだけでも随分泡立ちが変わってくるはずです。
それでもやっぱり泡が立たなかったら、シャンプーの増量や2度洗いも仕方ありません。
ただし、せめて洗浄力の強すぎるシャンプーのご使用は控えて頂けたら幸いです。
※洗浄力の強いシャンプー
「ラウレス硫酸Na」、「ラウレス硫酸アンモニウム」、「ラウリル硫酸Na」を使っているシャンプー


今回の記事はいかがでしたでしょうか?


シャンプー選びと毛髪診断のプロ コラムは、美しく健康な髪を愛する人のためのコラムです。

もし「参考になった!」、「いいね!」と感じましたら下のツイッター、フェイスブックで是非お友達にも紹介してください!
↓ ↓ ↓

この記事を書いたプロ

長谷川誠

長谷川誠(はせがわまこと)

長谷川誠プロのその他のコンテンツ

Share

長谷川誠のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-24
twitter
Twitter
2018-09-24
facebook
Facebook

長谷川誠プロのその他のコンテンツ