まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
長谷川誠

シャンプー選びと毛髪診断のプロ

長谷川誠(はせがわまこと)

はせがわオフィス

コラム

【1回に使うシャンプーの量の正解】 1プッシュ〇〇ml

シャンプーの教科書

2016年1月9日 / 2018年8月17日更新

皆さんは髪を洗う際、シャンプーの量はどのくらい使っていますか?
1プッシュ。
2プッシュ。
あるいは、半プッシュ。

勿論、髪の長さによって違いはあります。
そこで1つ目安にして頂きたいのが、
男性、半プッシュ。
女性、1プッシュ~1プッシュ半。

「これじゃ泡が立たないんじゃない!?」
「泡がなかったら嫌!」
そんなが聞こえてきそうですが、意外とこれだけで十分いけちゃいます。
そして、シャンプーを沢山使いすぎてはいけないのにも訳があります。


シャンプーを使いすぎてはいけない訳


シャンプーを沢山使いすぎると、その分流しにくくなり、頭皮や髪に残留しやすくなります。
残留したシャンプーはかゆみの原因になる事もありますし、かゆみが出れば頭皮をゴシゴシとかきむしってしまう事も予想されます。
すると、フケが出てしまう事にもつながりかねません。

とはいえ、泡が立たなかったら洗った気がしないのも事実・・・・
そこでオススメしたいのがコチラ!



「泡立てネット」
100均のでも十分使えます。
そもそも泡立てネットで泡を立て



その泡で洗ってあげればシャンプーの量も減らせますね。
さらに流しやすくなるので、シャンプーが頭皮に残留するリスクも減らせます!

ただしここで1点ポイントがあります。
シャンプーを泡立てネットで泡を立てる時は、水分大目でいってあげてください。
水分が少なく、シャンプーの原液だけだと泡も立ちづらいので・・・・


シャンプー1プッシュって何ml?


皆さん今お使いのシャンプーは、ほとんどの方がポンプ式になっていると思います。
シャンプーの粘度によっても多少誤差はありますが、シャンプーの1プッシュは約3ml~5mlになります。
つまり、男性は1.5ml~2.5ml
女性は2.5ml~4ml程度を1回のシャンプーの目安にして頂けたらと思います。

ちなみに、こんな場合はシャンプーの泡が立ちにくいです。
◆髪が汚れている
◆皮脂の量が多い
◆ワックスなどヘアスタイリング剤を着けている
◆スポーツ後
◆焼肉を食べた後
◆最近髪を洗っていない


シャンプーの泡立ちを少しでも良くする手順!


まず、お風呂に入る前に簡単にクシで髪をとかします。
できれば目の粗い、木製のクシがあればベストです。
髪の長い方は、まず毛先部分だけをとかし、
次に中間部分だけをとかし、
最後に根本部分だけをとかす。
こんな順番で行って頂ければ引っかかりも少なくいけると思います。

そしてお風呂に入ったら、お湯で髪を洗い流します。
この湯洗(ゆせん)をしてあげるだけで、髪の汚れはずいぶん落ちますので、乾いた髪にいきなりシャンプーを使ったり、
適当に濡らしてシャンプーを使うのではなく、少し丁寧に湯洗してあげてください!


今回の記事はいかがでしたでしょうか?


シャンプー選びと毛髪診断のプロ コラムは、美しく健康な髪を愛する人のためのコラムです。

もし「参考になった!」、「いいね!」と感じましたら下のツイッター、フェイスブックで是非お友達にも紹介してください!
↓ ↓ ↓

この記事を書いたプロ

長谷川誠

長谷川誠(はせがわまこと)

長谷川誠プロのその他のコンテンツ

Share

長谷川誠プロのその他のコンテンツ