まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
村松繁

長期投資のプロ

村松繁(むらまつしげる)

保険アイマーク株式会社

コラム

江戸時代から振り返る為替の歴史 その4

長期投資を始めよう

2016年8月16日

3回目で1ドル360円の時代は
22年間続いたことをお伝えしました。

それでは、1ドル308円の時代はどれだけ続いたのでしょうか?

短命に終わったスミソニアン体制


みなさんの中に308円の記憶を持っている方はどれだけいらっしゃるのでしょう?

実は1年2か月しかスミソニアン合意は維持できませんでした。

スミソニアン合意から1年と2か月が経った
昭和48(1973)年2月 日本は本格的な変動相場制に
移行することを宣言します。

歴史的な発表をしたのは
田中角栄内閣で
大蔵大臣を務める愛知揆一さんです。

日本に続けとばかりに、翌3月 ヨーロッパ諸国も
それに追随する宣言を出します。

変動相場制とキングストン合意



これにより、世界は本格的な変動相場制に突入し、
ドルは基軸通貨を維持しながら、
他国通貨に対して安くなっていくトレンドに乗っていくことになります。

この流れは昭和51(1976)年1月にジャマイカのキングストンで開催された
IMFの会議において正式に追認されることになります。
(キングストン合意)


カリブ海のキングストン


その後、ドルは175円(1978年10月)まで下落し、
時の大統領 ジミー・カーターはドル高政策に切り替えます。


ジミー・カーター大統領


ドル高に誘導するためにカーターが取った政策の中で、
大変目立つものは、
公定歩合の引き上げです。

カーターは
8.5%から一気に9.5%へ
引き上げたのです。
(カーターショック)
現在から見るととんでもなく高い金利ですね。

そのおかげで、
円ドルレートは数年間の安定期に入り、
1ドル200円台で推移することになります。

今の日本もそうなのですが、
通貨が高くなると、
輸出産業にとっては大変なダメージになります。

当時のアメリカも主要産業はドル高で苦しみます。

反面、ドル高により輸入品がアメリカにあふれることになります。

この時代、ドル高で国民は安くなった輸入品を購入して
生活はしのぎますが、
主要産業は外国製品におされて収益を上げることができなくなっていました。

お給料も上がらず、高金利で貯金は増えますが、
オイルショックも重なり、
物価も上がる状態のスタグフレーションの嵐が吹き荒れました。


米国はレーガン大統領に代わります。
彼が大統領だった時間は
昭和56(1981)年1月から昭和64(1989)年1月まで。


ロナルド・レーガン大統領

レーガノミックスと双子の赤字


彼は双子の赤字といわれる
貿易赤字と財政赤字の苦しみを味わうことになります。

ドル高が行き過ぎていないか?

そんな空気の中、経済史に残る会議が極秘に準備されていたのでした。

昭和60(1985)年9月が近づいています。

その5(最終回)に続きます。

有料相談受付中


初回 最長2時間 1万円(税別)

保険アイマークのご契約者・ご契約者のご家族は無料です。
上記の方からのご紹介でも無料となります。

長期投資・確定拠出年金(個人型・企業型)

ライフプランに関わるご相談

ご予約はフリーダイヤル 0120-719-194(なっとくいくよ)
あるいは
[[保険アイマーク ホームページ

この記事を書いたプロ

村松繁

村松繁(むらまつしげる)

村松繁プロのその他のコンテンツ

Share

村松繁プロのその他のコンテンツ