マイベストプロ静岡
谷津吉美

女性の悩みをやさしく包み込む漢方薬のプロ

谷津吉美(やつよしみ) / 薬剤師

有限会社むつごろう薬局

お電話での
お問い合わせ
054-247-6006

コラム

被害妄想と漢方薬(70代後半の女性)

2022年11月22日

テーマ:漢方薬で良くなった症例

コラムカテゴリ:医療・病院

ご家族の方と認知症の妄想のご相談にいらっしゃいました。
妄想があるとご本人だけでなくご家族の方も大変です。

外国旅行が好きなのだが、コロナのために行けなくなってしまったこともあるのか、昨年の秋頃から被害妄想が出るようになった。あちこちに電話してしまう。病院でルーランというお薬を出してもらっていたが、ご家族の方いわく、廃人のようになってしまったため、やめた。今はミオナールを服用中。

漢方薬をお出し服用していただきました。すると、妄想が少なくなったようでご家族様に電話が来なくなってきたそうです。

漢方薬でよくなった症例のまとめ
https://mbp-japan.com/shizuoka/mutsugoro/column/5120273/

〜薬剤師による漢方薬の相談〜むつごろう薬局 https://www.mutsugoro.co.jp/

この記事を書いたプロ

谷津吉美

女性の悩みをやさしく包み込む漢方薬のプロ

谷津吉美(有限会社むつごろう薬局)

Share

関連するコラム

谷津吉美プロのコンテンツ