マイベストプロ静岡
鈴木寛彦

心に寄り添う漢方薬のプロ

鈴木寛彦(すずきひろひこ) / 薬剤師

有限会社むつごろう薬局

お電話での
お問い合わせ
054-247-6006

コラム

大人になってからは胃腸の強さが物をいう

2021年4月15日

テーマ:漢方薬で赤ちゃんを考える

コラムカテゴリ:美容・健康

コラムキーワード: 漢方薬 妊活不妊鍼灸




「赤ちゃんが欲しくて病院であれこれ検査したけれど、どこにも異常はない。なぜ妊娠できないの?」とお悩みのかたの中には、胃腸が弱い人が多いようです。もちろん、下痢しやすい、便秘
しやすい、胃が重苦しい、胃痛があるなどのわかりやすい症状があれば、自分でも胃腸が弱いと自覚されるでしょう。しかし、現代人には、自分では健康体だと思っていても実は胃腸が弱っ
ているというケースも多いのです。こんな症状はありませんか? やせぎみ、たくさん食べても太らない、ゲップが出やすい、胃がジャポジャポいう、乗り物酔いしやすい、食事をしたあとも体が冷える感じがする……。胃腸が丈夫であれば、食後は体があたたまる感じがするもの。これらの症状は、胃腸が弱りぎみのサインです。漢方には「先天の腎、後天の脾胃」という言葉があります。先天の腎というのは、親から与えられた生命力。子どものうちは持って生まれた腎の強さ
で元気に過ごせます。しかし親からもらったエネルギーには限りがあります。年をとって使いきってしまってからは、それを補うのが後天の脾胃。つまり胃腸を強くしていれば、ずっと元気で過ごせる、大人になってからは胃腸の強さが物をいう、と考えるのです。西洋医学の考え方では血液をつくるのは骨髄ですが、漢方では、血液は胃腸がつくると考えます。実際、胃腸が元気になれば白血球や赤血球の値もふえてきます。子宮はたくさんの血液が集まり、血液を必要とする臓器。胃腸の健康と子宮の元気は、密接に関係しているのです。

原因不明で悩んでいるかた、胃腸を見直してください。

胃腸を弱めないために重要なのは、水分を控えること。水分を多くとると胃液が薄まって消化不良を起こすばかりか、胃腸にたまった水が体を冷やしてしまします。
 ストレスをためるのも、よくありません。ストレスがたまると胃腸に炎症が起こり、やはり消化不良になったり、痛みを感じることもあるでしょう。
 生野菜、アイスクリーム、甘いもの、ビールなどの体を冷やす食べ物、飲み物も胃腸にダメージを与えるので、要注意です。
また、胃からは成長ホルモンをコントロールする物質が出ていると考えられています。成長ホルモンは血液をつくったり、肌をつくったり、体の新陳代謝にかかわるとても大事な働きをしお)
ます。さらに胃腸には免疫器官が集まっているので、胃腸が丈夫になることで、アレルギーなどの症状が改善することともあるようです。胃腸は一度こわしてしまうと、治すのに時間がかかりますが、漢方はこの 胃腸を元気にするのが大得意。「基礎体温も問題ない。ホルモンの検査などをしても、どこにも異常がないのに、なかなか妊娠しない」というような方は胃腸が弱っているかもしれません。一度漢方薬を試してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたプロ

鈴木寛彦

心に寄り添う漢方薬のプロ

鈴木寛彦(有限会社むつごろう薬局)

Share

関連するコラム

鈴木寛彦プロのコンテンツ