マイベストプロ静岡
鈴木寛彦

心に寄り添う漢方薬のプロ

鈴木寛彦(すずきひろひこ) / 薬剤師

有限会社むつごろう薬局

お電話での
お問い合わせ
054-247-6006

コラム

卵管切除後に自然妊娠・・・29歳の女性

2021年2月24日 公開 / 2021年3月1日更新

テーマ:漢方薬で赤ちゃんを考える

コラムカテゴリ:医療・病院

コラムキーワード: 不妊鍼灸漢方薬 妊活漢方薬 効果




不妊症で、子宮外妊娠で左の卵管を切除した方が左の卵巣から排卵した卵(専門医によるエコーで確認)で自然妊娠(6ヶ月服用)された症例があり、それを読まれたお客様が2月に同じように妊娠され、来月9月にご出産予定である。
症例1 不妊症歴2年 29歳 女性 身長162㎝ 体重48kg
体質: 中肉中背、イライラしやすい、よく笑う、やや手足の冷え、お風呂は短い、足のむくみ、大便1日1回、頭痛、唇の乾燥(冬)、首肩凝りストレスによる胃痛、ガスが良く出る、腰痛、生理痛、生理不順(40-45日周期)、酸味、甘味、塩辛いものを好む、睡眠時間6時間、運動は特になし、当帰芍薬散(ツムラ)服用中。
既往歴: 子宮外妊娠で左卵管切除 急性胃炎、蕁麻疹
家族歴:甲状腺腫(母親)
舌診:湿潤して微白苔、舌深静脈やや怒張
経過
当帰建中湯(自家製芍薬7.2g、自家製当帰5.0g、ベトナムNo1桂枝3.6g、国産古生姜3枚、河南大棗3.6g、内蒙古甘草2.4g)服用後30日便の出がスムーズになり、頭痛、生理痛、腰痛が改善、同薬方で40日後自然妊娠した(8週2日)。病院より左で排卵したのは間違えないとのことで、右の卵管采がキャッチして着床した。

この記事を書いたプロ

鈴木寛彦

心に寄り添う漢方薬のプロ

鈴木寛彦(有限会社むつごろう薬局)

Share

関連するコラム

鈴木寛彦プロのコンテンツ