まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
鈴木寛彦

心に寄り添う漢方薬のプロ

鈴木寛彦(すずきひろひこ)

有限会社むつごろう薬局

お電話での
お問い合わせ
054-247-6006

コラム

妊活と漢方薬

漢方薬で良くなった症例

2018年2月2日 / 2018年8月8日更新

 
36才女性。身長160㎝、体重43Kg。生理が昨年夏から来ていない。ホルモン剤を半年服用していたが薬を止めると来なくなる。気持ちは不安定で人によく気を使う性格。手足が冷えて便秘があり、耳鳴りも多い。お腹にガスがたまりやすく、げっぷも多い。掌は火照り、オリモノも多い。病院から温経湯の顆粒を服用していたがあまり変化がない。

 「証」を見てみても確かに温経湯は間違いなく、そのことをお客様にお伝えしたうえで、煎じ薬で、温経湯(アキョウは驢馬のものを使用)を出させていただいた。服用後2ヶ月で生理が整い、半年後にご妊娠された。



漢方薬は、1に「証」を合わせること、2に良い生薬を使うこと。
私たちの漢方の師匠田畑隆一郎先生がいつも言っています。今回の症例の方は当にそうでした

この記事を書いたプロ

鈴木寛彦

鈴木寛彦(すずきひろひこ)

鈴木寛彦プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木寛彦プロのその他のコンテンツ