まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
鈴木寛彦

心に寄り添う漢方薬のプロ

鈴木寛彦(すずきひろひこ)

有限会社むつごろう薬局

お電話での
お問い合わせ
054-247-6006

コラム

皮膚のかゆみと漢方薬(70歳の男性)

70歳の男性。数年前より皮膚に湿疹ようなものができてかゆくなり、病院の薬をぬったり服用したが治らず、漢方のご相談にみえられました。
体質は、65歳の時に脳梗塞をしていて、血圧は高く、不眠症、糖尿病もあります。湿疹は、足や太ももに多く、背中やわき腹、頭皮にも多くみられフケもたくさん出ています。患部は赤くなっていて、乾燥気味で、皮がぼろぼろむけるといいます。
漢方薬の黄連阿膠湯(煎じ薬)と紫雲膏(軟膏)を調合しました。飲みはじめて1か月後、かゆみは少し良くなりました。さらに1か月後、眠りがよくなり、かゆみも減ってきているといいます。そのまま継続していくと、かゆみは改善され、約1年で完治しました。
漢方薬は、かゆみを抑えるのではなく、かゆみの原因となっている“毒”を排出させることで体質改善します。この方の場合も、甘いものや肉類、お酒、たばこなどもされていたため、体に毒がたまっていったものと考えられます。

この記事を書いたプロ

鈴木寛彦

鈴木寛彦(すずきひろひこ)

鈴木寛彦プロのその他のコンテンツ

Share

鈴木寛彦プロのその他のコンテンツ