まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
望月敬介

経営労務改善と就業規則のプロ

望月敬介(もちづきけいすけ)

望月経営労務管理事務所

コラム

女性活躍推進法 何から取組めばいい?ポイントまとめ

女性活躍推進法

2016年3月18日 / 2016年3月25日更新

こんにちは!
静岡の社会保険労務士事務所の望月です。

4月より女性活躍推進法が施行されます。




みなさん、内容や取組ポイントはご存知ですか?
望月事務所では、先日もA社より「どのように進めればいいのか?」
という問い合わせがありました。

法律の名前は聞いたことがあるものの、
・ 何から準備すればいいかわからない
・ どのように取組んでいけばいいのかわからない
という方が多いようです。
 
そこで今回は、女性活躍推進法について
「ここだけは押さえたいポイント」を確認しておきましょう!


女性活躍推進法とは?


正式名称を「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」と言い、平成27年8月28日に成立しました。
女性が職業生活において、その希望に応じて十分に能力を発揮し活躍できる環境を整備することが、法律の目的です。


何をしたらいいの?


平成28年4月1日から、常時雇用する労働者301人以上の企業に対しては、
①自社の女性活躍に関する状況把握、課題分析
②状況把握、課題分析を踏まえた一般事業主行動計画の策定、周知、公表
③一般事業主行動計画策定届を労働局へ届出
④女性の活躍に関する状況の情報公表
が義務付けられています。

また、常時雇用する労働者の数が300人以下の企業については努力義務となっていますので、ますは自分の会社がどちらにあてはまるのか確認してみましょう。


常時雇用する労働者とは?


常時雇用する労働者には、パートやアルバイト、契約社員であっても、
・ 定めなく雇用されている者
・ 1年以上継続して雇用されている者
・ 雇入れの時から1年以上引き続き雇用されると見込まれる者
も含まれますので注意が必要です。


女性の活躍推進取組のポイント①


まずは自分の会社の女性活躍状況を把握し、課題分析を行うことが重要になってきます。会社ごとの状況把握をしっかり行い、課題を見つけることで、より具体的な目標や取組を考えることができるからです。
次の女性の活躍状況については必ず把握し、課題分析を行う必要があります。
・ 採用者に占める女性比率
・ 勤続年数の男女差
・ 労働時間の状況
・ 管理職に占める女性比率
なお、女性の活躍状況の把握や課題分析のための支援ツールが厚生労働省より公表されています。

厚生労働省「女性の活躍・両立支援総合サイト」

状況把握の仕方がよく分からない
課題分析はしてみたものの目標・取組内容をどうしたらいいか悩んでいる等
という方は一度利用してみてもいいかもしれません。

目標、取組内容の設定ができたら
次は、一般事業主行動計画の策定を進めましょう。

次回、女性の活躍推進取組のポイント②をお送りします!!

望月経営労務管理事務所では、女性活躍推進法への取組サポートをしております。
ここまで読んだけど、やっぱりよく分からない!手間がかかって面倒!などと思われた方は、一度望月事務所へお問い合わせください。

お問合せ先

電話 054-368-5598
FAX 054-352-6777
望月経営労務管理事務所ホームページ

望月経営労務管理事務所
担当:望月まで

望月事務所情報 更新中★

マイベストプロ静岡 @エスおでかけ情報 にて随時更新中です。

この記事を書いたプロ

望月敬介

望月敬介(もちづきけいすけ)

望月敬介プロのその他のコンテンツ

Share

望月敬介プロのその他のコンテンツ