まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
増田哲士

会社の生き残り対策&争いのない相続対策のプロ

増田哲士(ますだてつし)

増田哲士税理士事務所

お電話での
お問い合わせ
0537-35-2772

増田哲士プロのコラム一覧:確定申告

確定申告

2015-06-20

確定申告時に医療費控除の還付申告をされている方も多いと思いますが、準確定申告時にも申告することが出来ます。但し、「生計を一」にしている相続人が居る場合には、医療費控除の申告者を誰にするのかで所得税額が異なってくる場合があります。 被相続人の準確定申告で医療費控除をする...

確定申告

2015-06-19

前回は、準確定申告における不動産所得の収入及び固定資産税について説明しましたが、今回は固定資産税以外の公租公課について説明します。固定資産税以外の公租公課で、経費として認められる申告により納付すべきことが確定する公租公課は、原則として納付が確定した日付が損金算入の判断材料...

確定申告

2015-06-18

前回、準確定申告における給与所得について説明しましたので、今回は不動産所得について説明します。 収入の計上 不動産収入(地代・家賃・共益費等)の計上時期は、契約内容によって異なりますので注意が必要です。家賃  契約や慣習などにより支払日が定められている場合 ・・・・...

確定申告

2015-06-17

通常の確定申告は暦年で区切られますので、収入や支出の把握は容易に出来ると思いますが、準確定申告では1月1日からお亡くなりになった日までが申告期間となりますので、注意が必要となってきます。同じ会社で勤務していれば、給与の暦年の受給額は、勤務先から発行される「給与の源泉徴収票...

確定申告

2015-06-16

前回、準確定申告について触れましたので、今回はもう少し内容を掘り下げてご紹介します。もし、準確定申告によって納税する必要があれば、申告期限内つまりお亡くなりになってから4ヶ月以内に申告書を提出するとともに納税も済ませる必要があります。準確定申告では、各相続人が負担する...

確定申告

2015-06-15

先日、相続税申告の業務を受任している被相続人の「準確定申告」を済ませてきました。通常、暦年(1月~12月)の所得については、翌年の3月15日までに所得税の確定申告を行わなければいけないというのはご承知の方が殆どだと思いますが、お亡くなりになった方の所得税の申告を「準確定申...

増田哲士プロのその他のコンテンツ

Share

増田哲士プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0537-35-2772

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田哲士

増田哲士税理士事務所

担当増田哲士(ますだてつし)

地図・アクセス

増田哲士のソーシャルメディア

twitter
twitter
2016-07-28
facebook
facebook
google-plus
google-plus

増田哲士プロのその他のコンテンツ