まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
増田哲士

会社の生き残り対策&争いのない相続対策のプロ

増田哲士(ますだてつし)

増田哲士税理士事務所

お電話での
お問い合わせ
0537-35-2772

増田哲士プロのコラム一覧:経営

経営

2015-06-08

つい数年前まで、「家賃収入を生む家」とか「太陽光発電でローンを返済」といった触れ込みで、住宅供給会社が大々的にCMをゴールデンタイムに流していたのを覚えていらっしゃいますか?今回は、このゼロ円住宅の「太陽光発電で電気を売って住宅ローンをゼロに・・・」という触れ込み営業のその...

経営

2015-04-28

平成27年の「ものづくり・商業・サービス革新補助金」の1次公募期限が平成27年5月8日であったので、当事務所でも4月の下旬に関与先の申請をさせて頂きました。当事務所も、平成26年の春に経済産業省の「認定支援機関」として登録していたのですが、認定支援機関としては初めての業務となりまし...

経営

2015-04-11

企業が作成する損益計算書は、家庭における家計簿に似ています。損益計算書は、売上等の収入から、人件費・商品代金・その他経費等の支出額を差し引いて利益を算出します。これに対して家計簿では、毎月の収入額(サラリーマン家庭であれば給与振込額)に対して、食費やガス・水道等の光熱...

経営

2015-04-09

会社経営されている方は、必ず財務諸表に目を通しているはずです。財務諸表には、「貸借対照表」「損益計算書」「製造原価報告書」「株主資本等変動計算書」「個別注記表」等があります。これらの中で、会社の財政状態を表したものを「貸借対照表」と言い、会社の経営成績を表したものを「...

経営

2015-04-05

清算貸借対照表とは、原価で記載されている貸借対照表を時価に置き換えたものだという説明を以前のコラムで説明させていただきました。実は、会社の解散・清算以外にも、この清算貸借対照表を使う場面というものがあります。それが、相続や贈与・譲渡所得等において、上場していない会社の...

経営

2015-04-01

会計学では、「going-concern concept」という「継続企業の公準」を前提として、企業の営業活動が永遠的に継続するものと仮定して理論が構築されています。この継続企業の公準から導き出されているのが原価主義というものです。会社が毎期作成を義務付けられている財務諸表の中に、「貸借対...

経営

2015-03-30

前回は、財務数字だけでは企業を測ることはできないという話をしましたが、売上先の満足度を数値にできれば、企業のモチベーションを上げることが出来るとは思いませんか?顧客満足度を定量化する際には、統計学の技術が使われます。一般的なのがNSI(Net Satisfaction Index)と言われるもので...

経営

2015-03-27

事業経営を行っている方は「経営数字」というと、財務会計上の貸借対照表や損益計算書といった財務資料をすぐに思い出す方が多いはずです。このような財務資料は、企業の成績表のようなものであり、税金計算上には必須の資料です。しかし、経営というのは様々な経営資源を利用することによ...

経営

2015-03-25

会社経営されている方は、何のために会社経営されていますか?会社の売上を伸ばすことや利益を上げることに躍起になって、本来の目的が何であったのか判らなくなっていませんか?よもや、本来の目的を何ら持たないまま経営しているようなことはないでしょうね?経営する目的を明確にし...

増田哲士プロのその他のコンテンツ

Share

増田哲士プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0537-35-2772

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

増田哲士

増田哲士税理士事務所

担当増田哲士(ますだてつし)

地図・アクセス

増田哲士のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2016-07-28
facebook
Facebook
google-plus
Google+

増田哲士のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2016-07-28
facebook
Facebook
google-plus
Google+

増田哲士プロのその他のコンテンツ