まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
岩田広行

不動産・相続コンサルティングのプロ

岩田広行(いわたひろゆき)

岩田相続不動産事務所株式会社マルワ

お電話での
お問い合わせ
055-993-8006

岩田広行プロのコラム一覧:遺産 兄弟の相続トラブル 土地活用 

相続における最も重要なポイントは、「節税対策」「納税資金対策」「争族対策」の3つです。1つ目の「節税対策」は、生前贈与を利用して相続税の納税額そのものを減らす方法です。2つ目の「納税資金対策」は、相続税の納税資金を確保するための対策です。生命保険...

相続の開始民法の規定では、相続は個々の死亡によって開始するとされていますが、この他にも、たとえば「失そう宣告」のような法的に死亡とみなされる場合にも、相続が開始されます。※失そう宣告とは、一定期間(通常7年)、所在及び生死が不明な人を、家族の請求によって死亡...

相続の手続きは煩雑です。ここでは、手続きの全体の流れから、正しい相続対策までわかりやすく解説いたします。1.相続とは相続税は人の死亡により、その亡くなった人(被相続人)の残した遺産を相続した人(相続人)が取得した財産に対して課税される税金です。「相続」とは、...

相続の手続きは煩雑です。ここでは、手続きの全体の流れから、正しい相続対策までわかりやすく解説いたします。1.相続とは相続税は人の死亡により、その亡くなった人(被相続人)の残した遺産を相続した人(相続人)が取得した財産に対して課税される税金です。「相続」とは、...

相続税のしくみ相続税はどのようなしくみになっているのでしょうか。相続税は人の死亡により、その亡くなった人(被相続人)の残した遺産を相続した人(相続人)が取得した財産に対して課税される税金です。相続税は、各人の課税価格の合計額からその遺産にかかる基礎控除額を...

相続税のしくみ相続税はどのようなしくみになっているのでしょうか。相続税は人の死亡により、その亡くなった人(被相続人)の残した遺産を相続した人(相続人)が取得した財産に対して課税される税金です。相続税は、各人の課税価格の合計額からその遺産にかかる基礎控除額を...

相続の範囲と順位民法では相続人の範囲(法定相続人)を、被相続人からみた次の人と定めています。配偶者夫または妻(先妻、先夫、内縁者は相続人になりません。)は常に相続人になります。 子供子供が先に死亡している場合には、子供の子供である孫(直系卑属)が相続人...

相続の申請スケジュール相続の申告スケジュール相続税の申告書は、被相続人の死亡(相続の開始)を知った日の翌日から10ヶ月以内に提出しなければなりません。そのため、相続開始から3~4ヶ月までの間に相続人、財産・債務を確認し、それらを基に遺産分割、納付方法、納税...

高齢者の柔軟な資産運用・相続税対策への対応成年後見制度はあくまで本人の財産管理・権利擁護を目的とする制度なので、成年後見を利用すると本人の保有資産の積極的な運用や相続税対策は原則できません。したがって、これから長期計画で積極的な資産運用や相続税...

成年後見制度の限界を補完するための活用―いわゆる“後継ぎ問題”(あるいは“後継ぎ遺贈問題”)成年後見制度と財産管理機能のみをもつ信託とを併用することで、様々な事情に対応することが可能になります。成年後見制度は、本人の財産管理だけではなく、本人の身上監護法律行為...

通常の遺言信託又は遺言代用信託により、実質的に二次相続まで指定することができますし、さらには30年という期間内に限り三次・四次相続等まで 財産の承継人を指定できるという画期的な“後継ぎ遺贈型受益者連続信託”“後継ぎ遺贈型受益者連続信託”を利用する...

以前は、民法に明文化されていない“後継ぎ遺贈”の遺言内容は無効というのが通説とされていましたが、平成19年の信託法改正により 後継ぎ遺贈型受益者連続信託(改正信託法第91条)の 明文化により“後継ぎ遺贈”が可能になりました。しかし、まだまだ世間的には認知されてお...

一般の人々が財産管理の一手法として利用できる非営利信託一般の人々が財産管理の一手法として利用できる非営利信託 信託の定義は、前に述べたとおりですが、受託者が信託報酬を得るために行うものかどうかという観点から、2つに分類することができます。 一つは、「商事信...

相続診断士とは・・・笑顔相続の道先案内人三世代ファミリーポートレート相続診断士は、相続に関する広く多岐にわたる問題を理解し、一般の方への啓蒙活動を行います。その中で、相続についてトラブルが発生しそうな場合には、できるだけ事前に弁護士、税理士、司法書...

相続は悩まないで、「争続」を回避しましょうこれまで相続の相談を受けてきて感じた思いは、『生前、もう少し事前にご相談いただいていれば、こんなに複雑に糸は絡まなかったのに・・』という事でした。なぜ相談者は、争わなくてもよい相続で争ったり、重い相続税に苦しま...

岩田広行プロのその他のコンテンツ

Share

岩田広行プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
055-993-8006

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岩田広行

岩田相続不動産事務所株式会社マルワ

担当岩田広行(いわたひろゆき)

地図・アクセス

岩田広行プロのその他のコンテンツ