まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
岩田広行

不動産・相続コンサルティングのプロ

岩田広行(いわたひろゆき)

岩田相続不動産事務所株式会社マルワ

お電話での
お問い合わせ
055-993-8006

コラム

相続財産の評価はどうしたらいいですか?


相続財産の評価はどうしたらいいですか?

質問
<相続財産の評価はどうしたらいいですか?>

私の父が亡くなり相続税の申告をしなければなりません。
相続人は私を含め兄弟3人です。

私は障害者で、
末っ子が未成年者なのですが、障害者や未成年者について相続税の減額はできるのでしょうか。

解答
障害者、未成年者については、各人の相続税から次の計算方法で障害者・未成年者控除額を求め、それぞれの相続税額から控除できます。

1.障害者控除
相続人に障害者がいる場合、
85歳に達するまでの年数につき10万円が障害者控除額として相続税額から控除されます。
また、特別障害者の場合、1年につき20万円の控除が認められています。

障害者控除額計算式=(85歳-相続開始時の年齢)×10万円
※1 特別障害者の場合は×20万円

身体障害者手帳3~6級の方は障害者控除、
1・2級の方は特別障害者控除の適用が受けられます。
その他(特別)障害者の範囲については、別に定められています。

2.未成年者控除
相続人に未成年者がいる場合、
20歳に達するまでの年数につき10万円が未成年者控除額として相続税額から控除されます。

例えば、5歳2ヶ月なら20歳まで14年10ヶ月ありますので15年となります。
(端数切り上げ・障害者控除も同様)。
したがって、15年×10万円=150万円の税額控除ができることになります。

岩田相続・不動産事務所


☆岩田相続・不動産事務所のホームページ  http://maruwa8006.co.jp/

☆おすすめ不動産情報 http://www.athome.co.jp/ahcb/maruwa8006.html

☆相続財産の8割は不動産、
  家族信託で安心納得の資産形成をご提案 http://mbp-shizuoka.com/maruwa/

 

この記事を書いたプロ

岩田広行

岩田広行(いわたひろゆき)

岩田広行プロのその他のコンテンツ

Share

岩田広行プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
055-993-8006

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岩田広行

岩田相続不動産事務所株式会社マルワ

担当岩田広行(いわたひろゆき)

地図・アクセス

岩田広行プロのその他のコンテンツ