まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
赤堀英立

将来を見据えた提案をする不動産投資のプロ

赤堀英立(あかほりひでたつ)

株式会社LiBro(リブロ)

コラム

サラリーマン大家さん!損益通算計算にはご注意下さい!!

不動産投資

2016年6月30日 / 2016年9月13日更新

不動産投資コンサルタントの赤堀です。

今回は、投資用不動産購入の為の借入金の利子に関するお話です。
原則、不動産所得は分離課税ですが、赤字が出た場合に損益通算が可能な
ことは知っている方もいらっしゃるかと存じます。
サラリーマンの方など給与所得を頂いている方には、不動産投資するうえで
魅力的な要因のひとつであります。
サラリーマン大家さんが増えている理由のひとつでもありますね♬

ただし、
赤字をわざと出し、損益通算する際はご注意下さいよ~!





まず、不動産所得の必要経費とは、
・固定資産税・都市計画税
・減価償却費
・修繕費
・管理費
※【リノベーションなどの大規模工事の場合には、
  資産価値が増え、固定資産税があがる場合有り】
・借入金の利息

ここでお話するところですが、5番目の【利息】です!!



知識の浅い不動産会社によっては借入金の利息すべてが赤字経費と勘違いして
いる会社もございます。

損益通算する場合には、土地の借入金利子は原則対象外です!【租税特別措置法第41条の6】

この考え方は、借入金はまず①建物代、次に②土地代という構成になります。
よって、利子総額×(土地購入借入額÷借入総額)=土地購入にかかる利子額


※自己資金がある場合はまず土地取得費に充てられる



※1.A部分よりも土地部分利子が小さい場合、土地利子は損益通算対象外となります。
※2.土地利子がA部分を超過している場合にはその超過分は経費として認められます。


以上のような注意点を踏まえ、フルローンではなく自己資金を土地代として捻出される
こともご検討されたほうが良いかと存じます。

初めての不動産投資もわかりやすくご説明させて頂きますので、
なにかあればお気軽にお問い合わせ下さい。

------------------------------------------------
弊社は賃貸管理も行っております。
弊社は売って終わりではなく、大手賃貸仲介会社で経験を積んだ
スタッフたちによる空室対策から管理や事前の家賃相場のご相談
まで購入後のアフターフォローも弊社では可能です。

まずはご興味ある物件がございましたら、腰を据えて一度真剣に
弊社スタッフとお打ち合わせ出来れば幸甚に存じます。

株式会社リブロスタッフ一同
------------------------------------------------

この記事を書いたプロ

赤堀英立

赤堀英立(あかほりひでたつ)

赤堀英立プロのその他のコンテンツ

Share

赤堀英立プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
054-200-8338

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

赤堀英立

株式会社LiBro(リブロ)

担当赤堀英立(あかほりひでたつ)

地図・アクセス

赤堀英立プロのその他のコンテンツ