まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
相曽尚人

自分が主役の人生をつくる! 起業家育成のプロ

相曽尚人(あいそなおひと)

起想塾

お電話での
お問い合わせ
080-3624-4455

コラム

起業して選ばれる商品をつくるには「物語」が重要な訳

商品コンセプト

こんにちは、起想塾の相曽(アイソ)です。


先日スーパーの鮮魚売り場で漁師さんの顔写真と名前があることに気が付きました。ヘェーこの方が獲ったんだと見入っていると横にいた女性が「これ下さい」と声をかけています。生鮮野菜では生産農家さんの写真に産地コメントがあるのは知っていたのですが、鮮魚まであるんですね。


あなたも、そんな写真があるのを見たことはありませんか?


鮮魚売り場の店員さんに聞いてみると良く売れているそうです。では、なぜ、売れるのでしょうか。ちょいと高めの値段なのにね。


それは差別化が出来ているということです。たった一枚の写真で消費者の気持ちをつかむことが出来るからです。人がモノを購入する時には気持ちが動きます。

例えば
写真を見た時に頭に浮かんだのは風景です。
漁師さんが、そこで、苦労して獲った魚なんだな、でした。


写真を見た瞬間に情景が浮かびました。
そう、そこに物語があるからです。


今や漁業も農業も獲って、作って出荷するだけでなく、写真一つで物語りという「付加価値」を加えています。起業して、あなたの商品・サービスを選んでもらうには物語がイメージできることが大切です。高くても「売れる」に変わると言うことです。


そこで、今日は起業に必要な物語のある商品作りのコツをお伝えしたいと思います。


起業の理由を物語にしてみる

「あなた自身が見えてくるもの」が必要と言うことです。「この人なら」と思ってもらえることです。これが加わっときに安心が生まれます。

そんな物語を加えたいときは「3つのこと」を考えてみましょう。
◆その仕事を選んだ理由はなんですか
◆そこにたどり着く至ったご苦労は
◆だからこの商品がお役にたちます


選ばれるためには将来ビジョンを物語にしてみる

商品・サービスへのこだわりを表に出すことは、誰しもやっていることですね。うちの商品・サービスは〇〇、こんなにスゴイですよみたいな、こだわり、メリットの説明を良く見ます。でも、これだけではいけません。


この商品・サービスを購入すると、お客様がどうなるのか、提供価値(ベネフィット)を提示することです。そして、お客様にそのようになって欲しい、だから、この仕事をしていると付け加えます。あわせて、将来ビジョンを描くことで、あなたの商品にかける想い、これからもお客様と共に歩んでいくことを感じていただけます。


この「共に歩む」は信頼です。こだわりと将来ビジョンを表に出すことで「安心」が生まれます。ベネフィットに安心保障を加えることで、お客様の信頼をより強固にします。「この人なら」と思っていただけます。


起業を軌道に乗せる商品・サービスには「2つのこと」を考えましょう。
◆商品・サービスを購入いただくとお客様はどうなるのか、と提供価値を明確にする。
◆将来のビジョンを書くことで、安心保障を提案する


「提供価値、苦労、こだわり、将来ビジョン」を入れて物語を描いてみましょう。きっと、選ばれる商品・サービスが誕生するのではないでしょうか。


それでは


「楽しむ」を大切に


========================================

起業を目指す静岡・浜松・三島の会社員の方へ
◆何から始めれば良いのだろうか
◆強みもアイデアもハッキリしない
◆生活して行けるのか心配で踏み出せない

起業を軌道に乗せる手順と仕組みを手に入れたいのであればこちら

=========================================

この記事を書いたプロ

相曽尚人

相曽尚人(あいそなおひと)

相曽尚人プロのその他のコンテンツ

Share

相曽尚人プロのその他のコンテンツ